takekoyama official blog

終了

c0038548_1593030.jpg

[PR]
by takekoyama | 2008-11-14 15:09 | 仕事 | Comments(12)
Commented by mahi_mahi143 at 2008-11-14 15:33
うわっ、さすが世界ランク57位だわ・・
Commented by 上海のAスコット at 2008-11-14 16:42 x
竜二今田プロ 爆発しましたね、タケさんが着いていたからかでしょう。 さて日本の片山プロもー9まで行きました。 遼くん、イメルマンさん共々 ツアーを盛り上げて下さい!
伊澤さんは予選落ち、、、、。
Commented by プーさん at 2008-11-14 17:07 x
今田選手がんばれ!
それはそうと、今日の最終18番での出来事。。。
谷原選手の池からの第四打目、明らかにバックスイング直前にソールが水面に触れているのに、JGTOは本人の判断に任せるという結論。
これっていかがなものだろうか?
協議後、谷原選手もVTRを確認したらしいが、本人は触れていないと主張したらしい。
同じゴルファーとしてアマながらも悲しいの一言。
Commented by きなこ(旦那) at 2008-11-14 17:32 x
私もテレビではっきりと水面に触れるのを見ました、この後、波紋がひろがりそうですね?
Commented by takekoyama at 2008-11-14 18:53
>まひさん
世界ランクね。うぅ~ん。
Commented by takekoyama at 2008-11-14 18:54
>上海さん
俺が居たかどうかはわかりませんが、
声は出し捲りでした。
Commented by takekoyama at 2008-11-14 18:56
>プーさんさん
本人が触れていないというのですから、、、触れていない。
何処からがバックスイングなのか?きりがないですよ。
本人に任せましょう。
Commented by takekoyama at 2008-11-14 19:00
>きなこ(旦那)さん
お久し振りです。犬の散歩で河原には何時もいますよ。
?広がらないでしょ、選手を信じましょう。
Commented by 冬木 at 2008-11-15 13:44 x
谷原選手の件、私も納得行かないので、今日JGTO(日本ゴルフツアー機構)に電話で確認しました。
電話対応してくれたスタッフ曰く、「本人と同伴競技者に確認し、TBSから取り寄せた高画質の映像でも確認したが、〝絶対に水面に触れた〟という確証は得られなかった。」。
判断が覆るとすれば、大会終了までに本人が訂正してきた場合くらいしかあり得ないそうで、大会が終わってから、「実はあの時・・・」と懺悔しても遅いそうな。
ただ、スタッフが言うには、本人も水面に触れたとは本当に思っていないようだ、とのこと。

ゴルフは基本的には審判員がいない(自分自身が審判員で自己申告)競技なので、もし、確信犯なら審判員の買収のようなものだと思います。

ちなみに、一連のスイングの中でなら問題ないというのは、例えば木の枝に触れた場合など。バンカーやウォーターハザードでは、一連のスイングの中でも砂や水に触れれば2ペナです。
Commented by takekoyama at 2008-11-15 16:12
>冬木さん
僕は見ていないんですよ。その画面も、その場所でも。勿論、現場にはいましたが2組前の谷原君の組の18番は見ていないのです。冬木さんが書かれている事、全て間違っていませんよ。だからこそ、谷原選手が一番近くにいて、一番理解しているんでしょうから、それ以上でもなければそれ以外でもないと思います。
Commented by kayanonkayanon at 2008-11-15 16:56
今日のGreen Jacketは1時間ぐらい聴けました。wire to wireという訳にはいきませんでしたけど。すし石垣の話題あたりから。そのうちwire to wireで聴きますから。
Commented by 冬木 at 2008-11-15 21:07 x
>小山さま
私もプレーヤー本人の申告を尊重します。
それに、ただテレビで見ているだけの立場の私が、真剣勝負をしているプロを疑うのはどうかと、反省しました。
でも、何の邪念も抱かずにあの映像を見た初心者は、池ではソールをしてもペナルティはない、と勘違いしてしまいそうです。