takekoyama official blog

・World Golf ranking ・Week 47 号外!追記も・

ここまで来たのか!石川遼。
47週が終わって発表された、世界ゴルフランキングで、67位まで来た。先週のフェニックスが始まる前は117位だったかな?一気にWGCのカタゴリーに引っかかる65位が見えてきた。凄い。今週のカシオ&来週の日本シリーズでポイントを稼げれば年内Top50入りでマスターズだって本気モードになるだろう。ちなみに先週のフェニックス2位のポイントは21,6ポイント、勝ったマークセンは36ポイントを持って行った。ちなみに竜二は62位、賞金ランクでは上にいる矢野が70位、谷原が75位だ。日本の賞金王になるだろう片山は日本人トップの36位だ。ちょっとだけ説明しておくね、世界ランク。日本ツアー1試合の最低保障ポイントは優勝16ポイント、日本オープンで32ポイントある。この数字は世界ランカーが出ている数と選手のヴァリューポイントで変わるんだけどフェニックスはエルス、ポールター、ステンソンなどビック・ガイズが出ていたのでこのポイントがでっかくなったんだ。マークセンが貰った36ポイントはジャパンOpや豪州Opよりも大きくなったってわけ。でもね、世界ランキングはその国のツアーに多くのヴァリュープレーヤーがいればそのフィールドのポイントは大きくなるんだよね。遼くんの様に今年日本だけでこれだけ一気に伸ばしてくれるプレーヤーが増えれば日本の選手がメジャー&WGCイベントに出場する確率が高くなるって寸法だ。そうすればワールドカップ以来世界レベルの招致が出来ていない日本のゴルフ界もプレジデントカップに何時も日本人プレーヤーがいれば招致出来るだろうね。それが、我が国、日本ツアーを大きく、強く、して行くはずだ。やっぱり勝利があって始めて動き出すのかも知れない。平田先生のトリプルミッションはゴルフでもあてはまる。

って事で、歴史的には賞金王でなくてもマスターズ委員会は日本人選手を招待している過去の実例から、遼くんが新人で1億円を超え、世界ランク67位までやって来たプレーヤーを見逃している訳がないのであるからして、、、、チャンスあり。本当に凄いプレーヤーだな。人間は成長する生き物だけど、彼の成長のスピードは並みじゃーない。しかもゴルフというスポーツでは経験という最大の時間がかかる部分を吸収する力が地球人ではなく、宇宙人(注意・会った事はない)のようだ。

って事で、今日は夕方、大学院同期の十文字高校・石山先生とご一緒にお勉強会がある。出来れば、修論・80%を仕上げたいと思っている。その後は巣鴨で一杯引っ掛けるつもりだ。

追記です。
タイガーの契約先、GM・Buickがタイガーの契約を一年残して解約です。
来たかな、不況の嵐がスポーツ界にも、、、、、
ここからはフィンチェム(PGATOUR・会長)の腕の見せ所。

年末、みんなでゴルフをしませんか?
興味のある方は↓をクリックですね。
Golf conference with Take Koyama@RoyalOak
[PR]
by takekoyama | 2008-11-25 08:06 | 仕事