takekoyama official blog

・・インドア練習場、口頭試問用パワポ、新しい試合、、、、・・

朝9時までに約束の練習場を見に行くために、通勤ラッシュの小田急線に飛び乗った。思い出したな、高校時代。通学の為に八王子から井の頭線・池の上まで通った日々。ラッキーな事に始発に近い状態だったので座れたんだよね。本当の辛さを知らないインチキ高校生だった。って事で昨日の朝は凄かった。各駅停車でも良かったが、急行に乗ったのが事件の始まり。複複線化されている小田急だが経堂を過ぎると複線になりラッシュ時には電車は動かない。線路には軽い傾斜が付いているので止まれば立っているのも苦しいのである。地下鉄・千代田線はちょうど良い混み具合だった。

現地に到着して話を聞く。現存するインドアの練習場をどうするか?自分が考える練習場考はこうだ。『練習場とは、目的を持って、習得する事』なのでインストラクションを主とするインドアに関しての練習場考は少し違うニュアンスになると感じる。『インドア練習場とは、スイングを成熟させる場』である。目的は一つでスイングの完成を視聴覚全てを持って作り上げる場所になる筈だ。エンド・ネットまで約2m。ボールの行方は見えない。打つ人間はボールの行方を見たい。このジレンマを解消出来るのはスイングのビジュアル化、インストラクターとのコーチング、あとは他のゴルファーとの交流か。このコンテンツがあればビジネスになる様な気がするが、、、踏み切れない。何人もの友人・インドア練習場経営プロゴルファーに聞いて回ったが、答えは出なかった。少し時間をかけて考えよう。

午後、論文は提出済みなのだが、その試験がやって来る。今月末。口頭試問があるのだがそれには論文要旨を重ね見るパワポ作成が必要になる。これが胆である事は間違いない。最優秀賞なるものがあるらしいが、我が論文はかすりもしないだろうが。その実践バージョンとなる『京都地区への新しい試合構築』があるので即実践化する為にも、こちらの試合構築用プレゼン・パワポも作成しなくてはならない。って事で少しお勉強。

夜、100¥ショップへ。買い出し。今晩使う小物を少し購入した。大役を仰せつかり『司会』をユミっぺと一緒にやらなくてはならない。少し緊張するが決まった事は仕方がない。土曜の朝があるので飲めないから素面でやるのも、これまたおつなものだな。

夜中@0100に電話がなる。しかも2回。携帯を見ればメールも数件、着信も数回。しかも知らない番号だ。怖くなってしまったが、留守電が入っているので聞いてみると?聞いた事のあるその声の主は、先日、インタビューを受けた新聞記者の方だった。そう、遼くんのマスターズ報道の信憑性について裏を取りたがっている様子の留守番電話だった。即、直接、お話をした。経緯はこうだ、お父さんがマスターズ委員会からのマスターズ出場への打診を受けたというのだ。これまでに電話連絡があっただろうか?真夜中丑三つ時に記者と頭を抱え込む。いやぁ~即答できない。招待状を待つ事にしよう、それが最終決定だな。今も右耳からは朝スバッでみのさんらが遼くんマスターズ出場を連呼しているけど、よぉ~く聞くと招待状は届いていないのだ。だから断言出来ていないのだ。時間が経てば、招待状は届くはずだけど。

追記・
現実になったね。今、はいってきたNews。
以下全文、マスターズHpより。

Ryo Ishikawa, a 17-year-old professional golfer from Japan, has received a special invitation to play in the 2009 Masters, Billy Payne, Chairman of the Masters Tournament and Augusta National Golf Club, announced today.Ishikawa, born September 17, 1991, will become the second youngest competitor ever in the Masters when the first round begins April 9 at 17 years, 6 months and 23 days. Tommy Jacobs, who played as an amateur in 1952, holds the record at 17 years, 1 month and 21 days.“At a young age, Mr. Ishikawa has shown the skill and competitiveness to make him a deserving recipient of this invitation,” Payne said. “We see this as an opportunity to expose an emerging talent on a world stage and fulfill our objective to grow the game. I am optimistic that his participation in the Masters will inspire younger players and increase interest in golf in Asia and beyond.

ベイヒルを招待された時点で、遼くんのマスターズは9割9分、確定かな?っと感じていたけど、お父さんへの電話が本当なら、これまたマスターズの歴史上、新しいインバイトの方法って事になるな。でもこれからは英語も出来る、スーパーマネージャーが欲しいところでしょうな?大手のIMG辺りが候補なのか?サッカー・中田氏がまたフィールドを変化させて打って出たね。これまた現役復帰という煙幕を張りながら違う方向へいった感じがする。地域活性化の幕を上げながら、既存するサッカーファンの分割という事にはならないのだろうか?勿論、彼が所属する事務所はIMGではなくSSUである。スポーツ選手には事務所、マネジャーは不可欠だ。敏腕マネが遼君にも必要な時期が来ている様に感じるのは俺だけではないでしょうな。

って事で、お昼過ぎには東京駅@スタバで勉強会、夕刻は白金。
では、、、皆さん?お体には十分気をつけましょうね。花粉も飛び始めているよ。
[PR]
by takekoyama | 2009-01-23 07:05 | 仕事