takekoyama official blog

・・企業とスポーツって最近聞くよね。・・

今日もしっかりブログは書かせて貰うね。最近、忙しくなると外出先での更新が多くなるでしょ。我が家のデスクで、しっかりドカンと座りこんで書かないと携帯電話からじゃー書きにくいしな。昨日は実家でゆっくりしてきたし、今日もいきなりゴルフのお誘いがあったけど、結局は武は行かない事になったようなので、春から始まる山中湖・讃美ヶ丘でのGolfing Societyの企画書を書こうと思っている。代表のAoyama氏に頼まれているので。ゴルフ部の顧問をお願されているからだけではなく、1つの核となるもの(この場合、讃美ヶ丘ね。)から派生する仲間でゴルフの集まりが出来たらって事で企画書は書くつもりだよ。そこにはアマもプロも同じようにプレイするスタイルを強調する。今の時代はアマとプロの隔たりだけが強調されているからね。それを取っ払ってみんなで月1回、核となる場所に集まって頂き、近隣のゴルフ場でゴルフを通じて交流を深めて貰う。

って事で、イントロは終了して本題へ。

『企業とスポーツ』

これね、最近多いでしょ、お題の付いたTV番組。笑っちゃいますよね。何処ぞ!が始めれば何処ぞ!も始める。良いですねぇ~この方向性(本当にそう思うの?Take?)は。この為に早稲田大学院の『トップスポーツマネジメント』で、平田竹男教授にがっつり&もっこり指導を受けて来た訳だからね。しかし、ここ3日間やっているN○Kの企画はちょこっと外れたかなって感じだ。
だってね、企業はこの不況で苦しい、だからスポンサードをやめる、イコール、そのスポーツは終了して選手たちは継続(仕事もプレイも)できなくなる。簡単ですよね。でもそれを報告しているだけで何も解決になっていないし、先がない。では?どうしたら回避できて、スポーツがビジネスとして成り立つのか?を何処ぞの番組でもやっていないわけ。でもあるよ、再生方法であるうえ、長期継続方法もある。そんなディープはスポーツ番組作りたいものですな。

って事で、『企業とスポーツ』、本日のお題の〆は。
日本ゴルフツアーで試合数の増減はないが、賞金総額が減るって話です。遼くん効果で試合数の増減はない日本男子。日本女子が3試合減に対して一時の勢いを逆転している日本プロゴルフ界であるがやはり出て来ましたよ、スポンサード賞金総額減額。当たり前です。今世紀最大の経済難(今世紀は始まったばかりですけど?)のこの時期に、話題に上がっている企業ばかりが日本男子のスポンサード企業なのです。ホレどうしたことか?試合がなくなるぞ、ではイントロで書いた番組内容なのですよね。そんな話は朝の情報番組に出ている出来の悪い2世国会議員と同じです。ではこれをどう回避し、どう継続の道へ導くのか?が非常ぉ~に大切なのです。その回答になるべき試合があるではないですか。今週行われる米ツアーのノーザン・トラスト・オープン。これは皆さんご存知の通り、『ロス・オープン』なのですよ。1社スポンサードの様に見えるけどこの試合このノーザン・トラストが降りても来年も継続でしょう。先週の試合も、2週前の試合もです。複数スポンサード。これが今日の集大成ワードなのです。わかりますよね、このロスオープンも街の人たちが始めた試合だって事です。JC(青年会議所)が核となって始めた試合ですよ。企業におんぶに抱っこ。勿論、企業が順調に行っている時には問題は起こらない。でもそれでは長期的なビジネスはできないのです。スポンサードは極力分散した方が良い。その究極は街の民が全員がスポンサードする地域チーム&試合の構築。でもこれは究極なので、、、、これ以上話ししても駄目だな。もっと話を聞きたい?ですか?

って事で、愛犬・ひまわりが、、『お散歩』って近寄って来ましたので行ってきます。
では、、、バイバイ!!
[PR]
by takekoyama | 2009-02-18 07:08 | 試合