takekoyama official blog

・サッカーという名の戦争・

c0038548_5293284.jpg
そこには、知られざるピッチの外の戦いがあった――。

数々の劇的なドラマを生んできた日本代表の激戦。だが、真の戦いは試合前の交渉から既に始まっている! ドイツW杯を目指したジーコ・ジャパンの軌跡、アテネ五輪チームのアジア最終予選方式を巡る攻防、なでしこジャパン飛躍の裏側……。世界を相手にした激しい駆け引きを、通産省出身のサッカー協会・元専務理事が明かす。

スポーツファンには欠かせない一冊。また、マッチメイクの手順、アテネ五輪やジーコジャパンでの交渉の内幕、日本サッカーの今後の方向性までかなり踏み込んで書かれている。大学院の我がゼミ・平田竹男教授の本。サッカー好き、スポーツ好きには読んで貰いたいものです。
[PR]
by takekoyama | 2009-03-18 05:34 | 早稲田大学院 | Comments(4)
Commented by happystyle-87 at 2009-03-18 07:46
まさに戦争です。
イラクだっけ?今朝のニュースでシュート直前に射殺されたとか!? 
本日、侍たちは顕微鏡野球と言われようと好結果を出すのです。
Commented by ハニGT at 2009-03-18 11:00 x
今日のお題目はサッカーですか。ほんとに戦争ですよ!一瞬、触発。私も中学生の時ゴールキーパーをしてたら石が飛んできました。女子中の仕業でした。思い出すのは、イングランドVSアルゼンチンですよね。フォークランド紛争がありあとは専門家にお任せします。今日は日本橋にて氷川きよしさんが撮影してましたよ。
Commented by takekoyama at 2009-03-19 06:25
>はっぴぃーさん
お忙しそうですね、大洗。今年は戻って来ますね。
挑戦しますかな、大洗。荒れる波、大洗。
Commented by takekoyama at 2009-03-19 06:26
>ハニさん
たぶん、ピントが股ズレですな。