takekoyama official blog

・・充実した山篭り2日目・・

初日は京都市内でご挨拶まわりを少し、亀岡でもご挨拶。治療だけに専念した初日夕方から、昨日は一転して山篭りモードへ。朝、京都オープンでも遠征組の宿舎となる日吉町の山の家から山に向かい歩く。山、山、山。杉の木の中を歩くとなんだか怖いほどだった。山の神、山の精霊が近づいて来ているように感じ、後ろを何度も振り返った。今回のゴルフ調整&体調整、山篭りにはラウンドを消化する目的も含まれているので、3R毎回違うメンバーで回る。昨日は、先日の予選会で19歳女の子が見事通過、宮田志保ちゃんと叔父さまの宮田徹さん。何故こうなったか?、宮田さんがTGC時代からのタケのFanであったから。理由はそれだけ。熱烈なアプローチを受けたので、ご一緒させて頂いた。もう一人は、京都オープン立ち上げの仕掛け人・へんこおやじの山田製油・山田さん。前半はOBを一発・38。後半は何事もなく34。72のイーブンで終了。こうやって回ってみると、グランベール京都のWestはEastよりもデザインが良い事に気付く。グリーンの固さ&早さが出れば試合当日もスコアはあまり伸びないと見た。優勝はコンディションにもよるが、5から7underで決着がつくのではないでしょうか。ラウンド後は練習場で約100ギョク、アプローチ練習場で1時間。その後、支配人、理事長、山田さんと、打ち合わせ。1730には明治国際医療大学へ治療に。不整脈も鍼で治療を受ける。松本先生曰く、タケの体にはたくさんの熱を抱えているようで、その熱を放つように初日からに脳天にも入れている。腰、肘、首、体のゆがみを全てやって頂いているがこの2回の治療で変わった。夕飯は近所のおばちゃん、『みのちゃんの店』でみのちゃんが勝手に出してくれる夕飯を頂くが、これが最高なのである。

って事で、3日目突入。今から大学へ行き、治療してからラウンド。ラウンド終了後は、ギョク練習&Wedge調整。しかし、練習場では思い通りの練習が出来ないので夕方、コースでやらせて頂けるように支配人にお願いするつもり。では、、、行ってきます。


京都オープンゴルフ選手権 公式ホームページ
協賛金募集中です。よろしくお願いします。

[PR]
by takekoyama | 2009-10-22 07:04 | 仕事