takekoyama official blog

the open final day.

1
CLARKE, Darren NIR 68 68 69 205 -5
2
JOHNSON, Dustin USA 70 68 68 206 -4
T3
FOWLER, Rickie USA 70 70 68 208 -2
BJORN, Thomas DEN 65 72 71 208 -2
T5
JIMENEZ, Miguel Angel ESP 66 71 72 209 -1
GLOVER, Lucas USA 66 70 73 209 -1
T7
KIM, Anthony USA 72 68 70 210 Par
MICKELSON , Phil USA 70 69 71 210 Par
HANSEN, Anders DEN 69 69 72 210 Par
COETZEE, George RSA 69 69 72 210 Par
LOVE III, Davis USA 70 68 72 210 Par
KAYMER, Martin GER 68 69 73 210 Par


3日間が終了。本日最終日。
ロンドンで、故最愛の奥様と子供たちと長い間、暮らしたダレン・クラーク
すべてのゴルフへ想いをぶつけるかのように、故郷・ポートラッシュへ。
そこは、正真正銘のリンクスランド。
練習場所は、パークランドからリンクスへ戻った。
この環境の変化と住みなれたロンドンから一番近いイングランド最初のリンクスで、
強かったクラークが戻ってくる。

8年前の16番を払拭するように戦い続ける、グレートデンのトーマス・ビヨン

故郷大先輩バレステロスの弔いの戦いを仕掛け、
イタリア最高級革・二ブローニのオーダーシューズを悪天候でも、
惜し気もなく履くダンディズムは、
本物の男・ミゲルアンヘル・ヒメネス

米国のダンディズムはこの2人、ミケルソンとラブⅢ

若手をどう料理するのか?見応え十分。役者揃った。この勝負を見届ける。
楽しみでならない。

c0038548_10512742.jpg
最終日も是非、ゴルフネットワークでご覧ください。
前半・土居アナウンサー タケ小山
後半・薬師寺アナウンサー トミー冨永さん
[PR]
by takekoyama | 2011-07-17 10:52 | 仕事