takekoyama official blog

どうなる日本のプロゴルフ?

昨日のTBSサンデーモーニング・屋根裏解説いかがでしたか?憧れの人でもありました川渕チアマンがご意見番の番組ゲスト。番組が始まる前のブリーフィングで少しお話を聴くことが出来ましたが、Jリーグを立ち上げた実績のある言葉には重みがあり、ゴルフに対する知識も大変ある方でしたが、やはりゴルフはゴルフの専門家が必要であり、改革なくして変化は生まれないと感じた次第です。番組本番中にチアマンからの叱咤激励のスポンサー&ファンへの態度のお話もありましたが、Jリーグとプロゴルフの最大の違いは、入場料収入をないがしろにしている点、自主興行で無い点が最大の違いであることはコメント頂けませんでした。プロゴルフの選手への賞金はすべてスポンサードからの提供であり、入場料収入で賞金が左右されることはありません。1社スポンサードの危険性と地域地区を巻き込まない試合構築には限度があると6年前の早稲田大学院時代の論文に書かせて貰っています。現行の試合構築方法である、1社スポンサード方式では、試合を作るのにお金がかかるが前提で、試合を作って収益を上げるという論説は、現在の日本には存在していないが本音であるのです。試合の構築方法を変えて行くには現行のシステムを完全に変える作業が必要になります。

難しいです問題ですが、問題を提議することが出来るチャンスがあること、提議から実行、改革へ出来るかどうかは、業界全体に、この危機感の共有が必要であると感じております。
[PR]
by takekoyama | 2014-01-13 07:12 | 試合