takekoyama official blog

・・・釧路湿原ゴルフトーナメント・その2・・・

 皆さんにお知らせいたしました釧路湿原ゴルフトーナメント(8月12から13日・場所・釧路CC)。参加プロの集まりが良くないようでがっかりですね。この週末は北海道でもう1試合あります。これは昨年たけぇ~も出場した札幌オープン。北海道には北海道プロ会、北海道ゴルフ協会などの団体があります。北見オープンと釧路湿原は日程調整を5月の段階で終了して試合が組まれていましたが急に札幌オープンがこの週末に組み込まれました。小さな地域で2試合ですから選手割れが出て当たり前ですね。北海道の地元のプロには両方出てもらいたいでしょうから。今後はこの様な日程の重なりは絶対に起きてはいけない事なのです。主催者&トーナメントディレクターにはしっかりしてもらいたい気持ちで一杯です。どちらが成功するしないの問題ではなく地域のファンの皆さんにもプロにも迷惑がかかる問題ですよね。こちら米国では同じ地域、同週に試合はぶつからない様に日程調整はしっかり行われますから。
 ここまでは日程調整不足のお話。ここからが大切なお話です。よぉ~く読んでくださいね。
主催者が参加選手を集っていますがこんな話は聞いた事がありません。こちら米国では。2日間の試合で優勝が200万円。賞金総額が900万ですよ。一着2万ドル、総額9万ドルでしょ。ゴールデンベアやHootersよりでかいんですよ。それがたった2・5万円のエントリーFeeで良いなんてこんなのありですか?たけぇ~が出ているMonnなんて1日の試合でEntfeeが80ドル、勝っても200~240ドルぐらいです。Entfeeの3倍ですよ。それが2・5万円で250万ぐらいですから100倍近くですよね。しかもプロがMax90人でしょEntfeeのTotalでも250万弱にしかならない。その他の賞金に廻すお金は地域の小さなスポンサー様が出してくださった賞金ですよ。こんな試合に出ないなんて?何を考えているのでしょうか?びっくりです。野球人の方々でツアー予選会に出場なんていっていますがこんな所にも試合は一杯あるんですよね。プロになりたい少年やおじさん研修生はたくさんいるようですが、今年もたくさんの研修生がプロテストなるものを受けていたようですが何やっているんですかねぇ~。そのお金があったら1つでも多くの試合に出るべきだと思うのですが。試合に出て自分が本当にこのツアープロという仕事に責任が持てるのか?また本当の意味でのトーナメントプレーヤーと言えるのか?JPGAもテストに合格して試合に出れないのに何故?トーナメントプレーヤーでいられるのか?矛盾はたくさんあるのですが真実は一つ。試合はそこにあるのです。残念です。米国ならこの試合は数日で選手が集まったでしょう。それも過去ツアーに出ていたなんて人がたくさんいるはずです。試合に出続けるプロがツアープロ。クラブでゴルフの仕事に携わるのがクラブプロ。多くの人にレッスンをしている人がレッスンプロでしょ。簡単明瞭。これが無い日本のプロ協会は道に迷って当たりまえですね。
 出場者はまだ募集中と聞いています。出場興味のあるツアーを目指すプロまたはツアープロの方はお電話してみたらいかがですか?
<<大会事務局 プレイヤーズツアージャパン・03-3320-5605まで>>
[PR]
by takekoyama | 2005-07-29 20:10 | 試合