takekoyama official blog

・・・ロープ内への就職試験・・・

 ロープの中が仕事場のプロゴルファー。たけぇ~場合のプロゴルファーは勿論、ツアープレーヤーという事になります。以前このブログでも書かせて頂いた、プロ棋士に成りたがっていた瀬川さんが合格した。61年振りになるプロの特別編入試験とも言うべきか、この試験を実施した日本将棋連盟へプロとして身を投じる事となるのです。瀬川さんは今まで、たぶん今日もまだ会社員。いわゆるサラリーマン。ただ彼はその会社を退社し、今後はプロ棋士としての活動に専念するらしい。日本の古い体制が少しずつ崩れていく、もちろん大切に守らなくてはならない伝統や規律、そして歴史をどう変えていくのか?何か凄い時代に生きているって感じます。瀬川さんもプロとして棋士として戦いたい気持ちが歴史を動かしたのでしょね。頼もしい日本男子だと思います。今後の活躍を期待したいです。
 さて、たけぇ~の就職試験は2次試験まで来ていますが、自分がツアーメンバーとしてロープ内から離れて丸4年。この間の自分のプロゴルファーとしての気持ちは瀬川さんの気持ちと、どちらか強く、直線的で、嘘や偽りがなかったか改めてこのNewsを見たときに感じましたね。今回の就職試験は1次で落ちると思っていましたが通過できましたね。この落ちるという意味は僕以上にやっている選手が多いだろうと、またそれだけをやっている選手に勝てる訳が無いと思っていたからなのです。しかし、ふたを開けてみると1次の会場に居た選手たちを見れば見るほどこいつらに負ける訳はない、負ける訳にはいかないと感じたのです。練習場に、パッティンググリーンに最後までいて練習している選手が少ない事に少し怒りも感じたのです。でも一年間、このQTの為に海外の試合に行き、Miniツアーに出て試合をこなし、トレーニングをしてメンタルも鍛えて来て1週間・4日間で、このQTですべてが決まるのです。これは僕だけじゃーない。参加している70人がすべて同じ条件なのです。でも選手の心の中は一つも同じではないのです。
 来週2次QTが始まります。勿論、不十分な部分もあるでしょう。今週は会社員の仕事としては夜中の仕事にシフトしていきます。家に帰れるのは朝方4時をまわった頃になるでしょう。生活の変化と、体の変化も少しは考慮していく必要もあるでしょう。でもね。これが今まで試合に行っても、他の選手にない違う自分の強さだと思っているのです。結果が駄目でもこれを言い訳にするつもりは毛頭無いのです。逆にこの環境こそが自分のゴルフを強くしてくれているBouncebackerの糧なのです。

 しかし、、、怖いですQT2次。就職試験。役員面接。
[PR]
by takekoyama | 2005-11-06 23:49 | 仕事