takekoyama official blog

・・・NFPGA・Ocala Open・初日・・・

c0038548_18281962.jpgさぁ~2日間の試合の始まりです。朝は何時ものようにお相撲チェック、ブログのお返事書き、そしてUp。試合会場には早めに今回は乱入する事に。何故?それはこのコース、初めてだからです。コースに着いてすぐにカートにまたがり1番から見て回る。18番を見終わるまで30分。良いコースだ。短めだけどハザードと大きな松がコースをセパレートしている。でも優勝は-10は必要かな?コース下見を終わらせレジストレーション。これが1番気合が入る。こちら米国では現金の支払いはファーストフード屋以外は現金を必要としないし、使わない。にぎりの支払いくらいかな?ってなことで、朝、Wife・Yokoさんの財布から抜き取ったチェック(小切手)をEnt・Feeとして支払いに使う。生活には切っては切れない小切手。これに$320-と書き込み出場決定。昔、コース所属の時はこの額くらいになると2週間の給料の半分だったから気合が入った。今は?今でも同じ。この瞬間が1番気合が入るね。内訳は$20-は両日のスキンズゲーム代。スキンズとはポットに入ったお金をベストホールスコアで決めるもの。両日のプレー代は$50-。残り$250ー。PGAが$50-を持って行き、残りが$200-これを出場者の30%が賞金として持っていく。はっきり言ってスポンサーのお金なんか入っていないただのにぎりっこ。体裁良く、かっこ良くミニツアーなんて言ってはいるがこんなもんはやる気と、何を求めるのかはっきりして無いと出場し続ける事は出来ない。c0038548_18455197.jpg上の写真はPGAのOfficialが乗っかってコース内をルーリングするカート。1番ホールでこれにまたがり写真を一枚撮っていたら、何と!馬鹿連中がやってきた。これ、試合仲間。左からライアン君。地元シカゴから毎年来ている男だけどちっとも上手くならない。オーランド在住でキーンズポイント(ケンダール、水巻、豪州軍団が住む所、結構良いところ)で練習しているお坊ちゃま。2番目の男の顔を見て、この男どっかで見たことある?と感じた方は某ゴルフ専門局をご覧になっている方。その局の番組内で出て来た男、ドン・ドナテロ。うるさい男。喋りっぱなしでたけぇ~よりうるさい。しかし腕は良いんだなこの男。ネーションにも出ていたでしょ。喋らなきゃーもっと良いと思うけど?どうなんだ。そしてたけぇ~ね。日本人に見えないね、やっぱり。1番右がノースフロリダセクションで1番だった男。クラブプロのカタゴリーでNo-1、そして去年の賞金王。ロッド・ペリー。この男の親父も有名な脳外科の先生でお坊ちゃま。でもクラブプロのカタゴリを捨ててがんばっている。昨年のQTも2次までは行ったんだけど駄目だった。ノースフロリダのクラブチャンピオン時代が3年ほど続いた時はクラブプロ枠でベイヒル・ディズニー・クライスラーと年間3試合はメジャーに出ていたな。まぁ~昨日はスタート前にみんなでがやがや、わさわさしてスタートとなった。だから緊張感はないない。臨場感?は出ているか。でもホールが進むにつれ気合も入ってくる。一緒に回ったブライアン・ウンク。カナダツアーのシード選手が次第に良くなって来たのでこっちも負ける訳に行かないので最後まで良いゲームをした。かな?パターが本当にやばかった。ボギーは3mからの3パットのみ。バーディーは2つ。したがって71の-1。パット数は33に対しショット38。何これ?短いパー4もスーパードライブで乗せて12mのイーグルチャンスもただのパーだもんな。昨日はパターばっかり握っていた様な感じです。オーバーシードの芝質が怪しい。葉っぱが広いんだよね。だからねちっこいし、少し芽が強いような感じがする。リーダーは68が2人かな?それにアンダーパーが10人ぐらいはいるのか?最終組が10時12分、たけぇ~はその2つ前の9時54分、3ボールだから俺の組までに9人。賞金は8人まで。したがって-2以上は絶対に必要な訳で、こんな商売は商売とは言いません。ですからならない方がよいのです。って事で今日は長くなりましたがこれから2時間後には出発です。では、、、吉報を待て。
[PR]
by takekoyama | 2006-01-17 19:10 | 試合