takekoyama official blog

・・試合結果&内容・・

 おはようございます。しっかり寝させていただきました。ありがとうございます。さぁ~ゲームの日でした。ワクワクするんですねぇ~皆さんと一緒です。新鮮なんですね、ただ単にゴルフが。ゴルフがしたくなるのですよ、1週間仕事場に出ているとどうしてもストレスが溜まってくる。人に向けて言葉を使って仕事をしていれば障害が無いわけないので少しは理解しているつもりなんだけど上手くいかないのもです。これはゴルフと一緒ですね。
 コースは,cc of Mt Dora。短い6500yくらいかな?でも狭い。打てない。?。これはトリックなんですよね。FWが230yでその先池。なんてホールはあたり前。両サイドOBなんてのもあたり前。しかしボールをFWへ入れる事が出来ればやさしい。残りの距離を残してでもFWへ入れる。これってタイガーには通じないのか?な。でもこの様なコースを作れ良いんだよね。でも次元が違いすぎて駄目なんだろうけど。スコアの内容は簡単。1番から6番までレギュレーション通りのパー。事件は7番の短いパー5。FWが猫の額。右池、左民家OB。左FWにはバンカーがある。この地点まで約250yかな?でもその右にあるFWに打てば残りは250yくらい、そして少し先に行けばアイアンでも狙えるホール。風は左から。目標をバンカー左エッジに取り、3WでのTeeshot。しかしこの3Wは2番のTeeshotでも左に行っていて気持ちが悪い。でも右に池がこのホール、そして風が左からがいけなかった。スイング中に色々な事が頭の中をぐるぐる回る。インパクトが強い。右に抜けるショットが打てないと一瞬思った瞬間、エイム通りに出た玉は軽いドローになってバンカー右ではなく左にランディング。そのボールは高く跳ねて左の民家へ。勇気の無いTeeshotだった。そしてこのラウンドでの一番のミスが暫定球。力が抜けたTeeshotだった。これをしっかりFWへ入れてボギーで上がっていればその後の展開が変わるのに。無駄な一発を放ってしまったな。8番ショートも3m。9番のロングは会心の当たりで残り219y・風ビハインド・タイトライ。どうだNewアイアン君の4I。火を噴くかと思いきや!とほほ・・・だふりました。ボールは池を越えてグリーン手前のバンカー手前。簡単なチップ&ラン。寄りません。3m。これを外して元気なし。前半+2。後半も入らない入らない。レギュレーション完璧。13番ロング。短い。Teeshotもそんなに難しくない。アイランドグリーン。周りはバンカー。2オンのバディー。このイーグルトライもかすりもしなかった。近かったのに。そして入らないまま最終ホール。これも同じ。結果は73回。内容は一発のOB・ダボ、そしてロングの2オンのバーディーのみ簡単なスコアカードでした。
 アイアン君に関しては慣れてきたなって感じです。試合で使っているProv1-Xとのマッチングは最高ですね。練習ボールでしか打っていなかったので、この試合が初ラウンドだから。少し無謀なのか?ロフト&ライだけどライは大丈夫。しかしロフトは一度マシーンに乗せたいね。グリップは7番アイアンだけ何故って?感じで入っている。あとはOK牧場。打感に関しての不安は本球を使う事で取れた。ソールなんだけどやっぱりショートアイアンのバンスは少し取りたい。<<ダグ?これってどう?他のPlayerから出ていませんか?こんな注文>>。6番からのバンスは気にならない。8番も少し出ているんだけど硬いFWからはバンスは威力を発揮する。そしてウエットなFWからは切れはないのだけど少し噛んだかな?ってなのが良い感じでボールが出て行くのを見るとやっぱり有ったほうが良いのか?と感じるのです。これって我侭。
 ドライバー君は試合叩き3戦目。もう最高。この鈍感な感じが良い。鈍感なってのはヘッドの方向性ね。どうやってもコントロールしづらい感じ。インパクトまで開いて入ってくるでしょヘッドってね。入ってこない人がいますがここではたけぇ~の話しですから開いて入って来るヘッドは開き気味で玉に当ててあげた方がやさしいのです。これが上手く出来る様になり始めてしまった。Teeを少し高め、下目からインパクトを入れてあげながら開いたまま、、そのまま。そうすると良い感じのはぁ~いフェードが。そして右に行かせたくないホールはTeeは低め、掴まえてあげるようにヘッドの動きは地面にパラレルを意識すると、はい!これまた簡単じゃーないんだけど良い感じ。でもドバイで最終ホールに毎回完璧なTeeボールを打っていたエルスの技術は凄いものが有るんですよ。高さを出しながらボールを掴まえる。Playoffでは最悪な結果になったけど下から入れながらボールを掴まえ、腕、手、ヘッドをきっちりリリースしている彼のスイングには驚きを感じる。世界Big5(タイガー、エルス、VJ、三毛、グーセン)のスイングは5者5様。あの大きなヘッドをどうやって操縦するのか?たぶんもっと簡単に考えているのだろうけど。ここでデカヘッドの格言。
””急ぐな、返すな、狙いはセンター。””
って事ですので今日の試合へ行ってきます。今日はでかいよ、フィールドが。でかいのを取りたいね。でもどうなるのか?では出発です。
[PR]
by takekoyama | 2006-02-07 22:01 | 試合