takekoyama official blog

・・・Oneday Windermere & 昔の仲間・・・

○△-----○- ○----○--○  68  -4   

stats
FW keep 13/14 92%
Greens in reg 15/18 83%
Putts 29putts (one 3punch)
Putts ave 1.73
per sav 3/3 100%
Bounceback 0/1 00%
sand sav 0/0 00%

なんて素晴らしいスタッツなんでしょ。でもパターがねぇ~死んでいますね。
何を使っても同じでしょうから、、技術ですね。目が悪くなっているのも理由の一つでしょ。
本を読んだり、PCやったり、原稿書いたりする時は眼鏡着用。ゴルフだけは裸眼。運転も。
日本で免許更新の時に、次回は眼鏡使用だな?なんて言われているので、、、怪しいね。目。
来月の半ばに完全眼ん玉チェックでDrのアポ取れています。チェックしてもらってきますね。
それが理由で入りだすなんて事が有ったら、、、嬉しいけどなぁ~。有りそうかな?
2番のスリーパット一発、ボギーのみ。ショットは昨日レッスン効いているようで、その部分を意識して回っていましたね。そうする事でスイングへの不安を強制意識でかき消していたようですが、パッティングに関しては昔のストローク(入っていた時の)をしようとするあまり、ライン&スピードが合いません。しかしグリーンが夏の終わりのパンチング(エアレーション)で穴だらけ。これではナイスパットも入らないのですね。スコアを提出しに行けば、最後から3組目の俺たちの前に上がったベストスコアが70が3人。したがって68は勝ち負けで後ろの組を待つ事に。しかし嫌な予感が、、その理由は、朝、会った昔の仲間。このおっさん達が何かしでかすはずと読んではいましたが。その顔、見てやってください。
c0038548_20593267.jpg
左・Greg・Hickman、中央・たけぇ~、右・Greg・Towne。やばいでしょ。この3人。18年前にこのコースでやっているんですよ、Mini Tourをね。しかしタイガーばかりが米ツアーじゃーないよね。上手い奴なんて一杯居るのよ、このおっさん達が日本に生まれていれば間違いなくシード選手だしね。下手打てば永久シード何て事も有るかも知れない。左のHickmanは長い間、米ツアー選手で94年あたりを最後にセミリタイヤしレストラン経営し大成功、その店を売ってチャンピオンズツアーに昨年挑戦。しかし日本人のおっさん達にスポットを奪われ通過ならず、しかし今年はマンデーまわりをしながら、アラン・ドイルのCaddyとしてやって来た人。右のGregは何回もこのブログには登場中の方ですから皆さんご存知でしょ。ティム・ペトロビックの先生ね。この人も長い間ツアーメンバーだったからね。小さい方のGregは多き方からすれば、ひよっこで昔は絶対にこの大きいGregには勝てなかったんだ。この他にも居たなぁ~。やばいのが。

って事で、、、、
この2人が最終組でシニア3人でまわっていた。嫌な予感は的中。ダブルGregが66で上がってきた。勝てないね、18年経っても大きいGregには勝てないや。いくら彼らに払ったか?解からない。エントリーFeeでいくら彼らに取られたか。悔しいがこの世界、喰うか?喰われるか?なんだよね。

でもまた解かったよ。
必ず帰ってくるよな、このフィールドに。ゴルフって悪魔の元に、、、、、
馬鹿なBouncebacker達は世界に一杯居るよ。
シニアを目差す者、レギュラーでもう一度と夢見る者、どちらもゴルフ馬鹿だな。
馬鹿な、無謀な?Bouncebacker達だ。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-30 21:13 | 試合