takekoyama official blog

・・・Windermere GC Oneday・・・

----○○--○ ---△-----  70 -2   5T

stats
FW keep 7/14 50%
Greens in reg 13/18 72%
Putts 29putts (one 3punch)
Putts ave 1,84
per sav 4/4 100%
Bounceback 0/1 00%
sand sav 0/0 00%

昨日は朝からこんな状態。お迎えの弟子の車は30分遅刻。
そして試合の朝立ち寄るスタバでは俺の名前が、、、、EAKI?Tの発音がPになることはあったけど、、、今回は何と!Eになっちまった。俺はこんなに発音わりぃ~のか?
c0038548_2082969.jpg

勝った人のお父さんが応援に駆けつけた。車で5分の自宅から。
c0038548_20124122.jpg
ちなみにタイガーくんもこの人のご近所さん。
日本食は大好きなこの方、日本語も少しわかるでしょうかねぇ~?Rockさん?
息子は波があるけど、これからの選手です。楽しみだな。
嬉しいだろうな、お父さん。でも試合中はコースに居ないですよ、このお父さん。
この程度にしてもらいたいね、おゴルフママ&おゴルフパパ。
息子のJason。似ているよね、お父さんに。

試合終了後は速攻で打ち込み体制に入るために練習場へ、、、乱入。
てShingleCreek。日本人が多く練習しているけど、、見ないね最近。まぁ~良いか。
Macと今日出来なかった事を反省材料として打つ。俺はね。Macは???
弱点補強。この弱点って見付けにくいでしょ?どうですか?
アプローチを練習していると良くわかる。自分のフェースの向きが、、
何処にあるのか?
何処を向いているのか?
何処のポジションで何処にシャフト&フェースがあるのか?
数を打ち込むごとにだんだん良くなる。練習はやっぱり嘘はつかないな。

そしてこの2日間活躍の3wを、、、ご紹介いたしましょう。
まだシャフトとのマッチングで今後少しスペックが変わってきますが、、
c0038548_20272275.jpg
こんな顔しています。このクラブの特性はつかまりが良い事、ヘッドが少し大きめ、クラウン(クラブの上)の部分が低く設定されているのに凹んでいるように見えない、そして何しろ安定感がある。ただ操縦性に関しては鈍い気がする。でも易しさは十二分です。
c0038548_20295328.jpg
小さい写真にしました。何故って?タイト・ダグにも十分お世話になっているしね。でも俺は完全に紙で契約している選手でもないし、リーマン解説者だからアフィリエイトじゃーないので中立でいないといけないかもしれない。契約したってその立場を理解しない選手も居るのだから。俺は今、ベストで戦える状態にしたいだけ。クラブに不安は抱えたくない。その対象になっているのが3w&ユティリティー。ユティリティーに関してはPRGRのC3を6年間使ってきた。先月から585Hなんだけど数試合使ってみたがやっぱりPRGRに戻そうか?検討中。そんな中、米国のフォーティーン・鴨ちゃんが相談に乗ってくれたんだ。昔、彼の弟がこのオーランドに居たんだけどその時からのお付き合い。新しい3w打ってみてくださいって事になって打つ事に。これにびっくり。3wがここまで進化したかってね。906Fは昨年のこの時期にもう出来上がっていた。しかし俺の手に入ったのは先月。道具の進化はプロ(ツアーに出ている)の為のものだけじゃーない。しかもデザイン自体がツアーでの意見が反映されるのならそのクラブは駄作って事になる。良いものを作るって事は万人が使えるクラブなのだ。そのフォーティーンのユティリティーも打ってみる事にした。近日中に来る事だろう。

誤解が無い様に、、、
俺が最後に契約を交わしたのは00年のチャレンジツアー参戦時のみ。
契約とは紙の上でサインを交わす事ね。
でも売れない選手をここまで面倒見てくれているのもタイトなんですよ。
俺が米国に来る前からだから既に20年は軽く超えている。
そんなに簡単な信頼関係じゃーないんだよね。
アイアン、グラブ、ウエッジ、ドライバーには全く不安はなし。
対処になっているのは3w、ユティリティー、パター、ボール?か。
[PR]
by takekoyama | 2006-09-13 20:04 | 試合