takekoyama official blog

・・・ハイネケン・クラシック・予選終了・・・

欧州ツアーとオーストラレイジアの共同開催のイベント・ハイネケン・クラッシック。オーストラリア・メルボルンの名門・ロイヤルメルボルンで開催、初日、Day2までが終了しています。放送時間も米国東部時間で夜10時半から1時半の3時間で生放送!見逃せません今週のフィールドは。先週シンガポールでGoodゲームを見せてくれたモンティー。勝ったドハティーの16番ホールでのルールに救われ勝った試合のあとにもかかわらず今週もヨネックスのNewアイアンが火を噴いていますね。本当に調子が良いんですよねモンティー。たけぇ~が何故モンティーと呼ぶか少し話しましょうか?Montgomerieですよね。日本語でカタカナ表記するとモンゴメリーになるらしい。でもこっちで英語を覚えたたけぇ~にするとモントゴメリー”ト”がどうしても聞こえてくるんですね。うちの上の娘に日本語(カタカナ)に直させてもやはり”ト”を入れます。彼女はこっちで生まれこっちで育った純正の米国日本人。まぁ~そんなに面倒な事ならいっその事、放送でもみんなに知られているニックネーム・モンティーで通そうと思ったのです。それ以来、モンティーですね。さて、モンティーが来ているその後ろには米ツアーでブンブン言わせているピーター・ロナード、その後ろに米ツアーにどうしても行きたい南アの若手エース・イメルマン(デビルマンこと)がその後ろには何と!!大会4連覇を狙う・南半球の大魔神・アーニー・エルスがばっちり好位置につけて来ました。これは今年に入っての最高のショウの舞台が揃った感じです。このコースは巨匠・Dr・アリスター・マッケンジー作。そうですあのマスターズの舞台、アガスタナショナルを作った人でもありますね。この人のコースを米国で回るのは今のたけぇ~の力では無理。お金もステータスもありません。が、この豪州の巨匠のコースは93年~94年にこのツアーのメンバーだったたけぇ~はラッキーに2試合で巨匠のコースを回る事が出来たんですね。ロイヤルメルボルンはTPCチャンピオンシップ、もう一つは南欧州オープンでロイアルアドレード。両方とも完全なマッケンジーです。特にアデレードはリンクスでコース内に線路があり列車が通過します。感動です。駅もコース内に有ります。試合に中はギャラリーの人たちはこの列車を使ってやってきますからね。

豪州ツアーはアジアツアーとの共同開催で大きくなろうとした93年代。しかし今は欧州ツアーに押されアジアの試合もほとんど欧州に持っていかれついにこのハイネケンも来年は開催されるかどうかの瀬戸際。無くなれば自国のツアー単独の開催イベントは3試合のみになりますます。豪州の名プレーヤーは海外に流出しなくてはならなくなり日本、アジア、欧州、米国と豪州プレーヤーをたくさん見る事になるのですね。がんばれ!豪州ツアー。たけぇ~の唯一フルメンバーで戦ったツアーですからね。応援したいですね。
[PR]
by takekoyama | 2005-02-04 22:53 | 仕事