takekoyama official blog

・・・Oneday@Windermure・・

○△---△--○ ○--△○△--- Ev 72  何位? $90-
って事ですね。
ゆっくり、あとで書きます。

最近、ブログの本文あとで付け足しが多い今日この頃です。
何故って、、、時間が少ないから?そうでもないんですけどねぇ~。集中力。これでしょう。

ゲーム内容から。
Teeshotに関しては永井プロに貰ったBoxチャートを使ってそれを意識しながらプレイしているのだ。QT・Finalの時に永井プロにラウンドに付いてもらったセントラル・東?の17番のロングで叱られた。Teeboxの使い方が悪かったのだ。左バンカー、右が池。この状況で右にTeeを立てた俺に叱咤したのだ。”タケさん、Teeupはそっちじゃーありません。この状況では左です。”はっきり叱咤された。コース内で怒られるのも久しぶりだし、ここ数十年は無かったから新鮮だったね。体にも、脳にも入りますね、この形は、スパルタ教育。体罰ではないのです、脳罰。脳に刺激が走るのです。それ以来、体で感じながらTeeupしていたものを球筋とコースの形状、風の向きをより時間をかけるようにしているのです。勿論、人のTeeupもじっくり見ますよ。解説者ですから。見ているとやっちまうミスがはっきり見えてくる。Teeshotのミスは、プロの場合90%は立ち位置で決まりますね。ドバイの解説の中にもかなり話していたんですけど?理解していましたか?それとアブダビでも。ステンソンは強い選手だけどゲームが雑なのです。それを彼自身が理解してギョクを運ぶゲームをすればかなり危険なタイガーキラーになるはずです。そんなこんなでTeeshotのミスはかなり減っているのであります。一昨日の試合はMacと一緒、昨日は北海道の鴨林選手と一緒だったけど、鴨ちゃんは北海道でも有名なプロだし試合にも出ているからその辺は意識していないだろうけど70%くらいは出来ているんだよね。でもやっちまうホールが数ホール有ったから本人は意識していないのかもしれない。Macは全く理解していないとおもうな。

セカンドのミスはヒットミスが多い。ソリッド感は80%位かな?ミスをしたショットをフォローするアプローチが少し錆び付いているので磨かないとね。これがボール3転がり位寄ってくれればかなりのボギー出現を抑えてくれるはずだ。

パターはもう時間の問題なのです。これも永井プロの
”パターが入る”
レッスンで開花前の桜ですね。
ドカドカ&がっぽり&もっこリ、、、、入り出しますよ。
危険ですね。事件ですね。

って事で、、、試合が終わって練習場へ。打ち込み。
そしてジムへ。俺は会社に出社だったので、シャワーのみ。髭を綺麗に剃って出かけた。
今週はNZ・PGA。米国のネーションワイドとの共催イベント。最強のネーションワイドも共催イベントをやっているのだ。この辺りのビジネスは日本のツアーにも必要で、何年も前からどの場所でも、どの時にも発言しているけど関係者は知らぬ存ぜぬを決め通しているようだ。各地区オープンとの共催で日本のチャレンジツアーも年間30試合は作る事が出来るのにね。やる気は有るのか?選手の為に?なんて関係ないのです。著作権で侵されていないチャレンジツアーを丸投げでゴルフ専門局に買って貰いその著作権料でJGTOは運営をすれば良いのです。詳しくは書かない。

って事で、、、Sakuraが風邪でダウン。
今年も学校を休まない100%の彼女がダウンだ。
Yokoさんはアルバイトに出掛けるので、出社まで俺が看護しましょうね、Sakuraっち。
明日は俺が大好きなブログのブロガーさんと一緒に久し振りに、
ホームコース・Celebrationをまわる。楽しみだ。では、、、
[PR]
by takekoyama | 2007-02-21 08:51 | 試合