takekoyama official blog

・・・原稿執筆中でごわす。私にお休みは無いの?・・・

日経ゴルフを書き上げる事にする。
朝一番から資料の整理中。この原稿は明日までに入稿して25日までにはUpされる。
楽しみしている人たちに遅れを与える事は決してお得ではないのだから。インサード・ロープ。良い言葉だよね。インサイドから見る景色は解説者席から見るゴルフと全く違う事を再確認出来ている。この数ヶ月で更に、Power Upしている筈だ。今年中には一本くらいは解説のチャンスが回って来れば良いのだが。少し喋ってないので早く喋りたいよなぁ~、くずぅ~マネ、早く仕事頂戴ね。って事でインサド・ロープを書いている途中の休憩場所が自分のブログなのだ。

ザ・ゴルフチャンネルのHPを覗きに行ったら、俺がやっている番組のUpdateがあった。そう最近、先月末に箱根湖畔GCで撮影したJypersさんの番組。良い感じで振れているので、じっくり観てくださいね。

JypersのHP

さて、北海道3戦&東北1戦の2週間で4試合攻撃は、最後の岩手県Opでつまづいたものの成績も自分に科した目標額、目標のブツを持って帰れる事になった。岩手県Opは、岩手出身・明治大学ゴルフ部主将だった、金谷プロのディレクションで始まった試合。モデルになっているのは釧路湿原Op、地域密着型の地方での試合だ。明治大学といえば深堀の圭ちゃんがいるが、金谷プロは圭ちゃんの同級生&チームメイト。このプロラインが参加プロの顔ぶれを見れば理解できると思う。今回、びっくりしたのがギャラリーの多さで金曜日にもかかわらず人が多かった。ツアーの量と変わらないのでは?ないだろうか。大きな試合に成長していると金谷プロと話が出来たのも収穫だったな。
プロとして働くという事は、試合に出てお金を稼ぐだけではないのだ。レッスンも、解説者も、ルール委員も、試合をプロデュースする事も、これからのプロはやらなければならないのだから。

4試合で稼いだ額は、100万を超えた。
ストロークも、67、68、73、73、64、68、72、71のTotal -19。
平均も60点台になったのは大きいのかもしれない。このスコアの内容には満足はしていないが、確実に新しいパッティングスタイルの””苦労グリップ?””、いや””最古(サイコ)グリップ?””が良い方向へ俺のストロークを動かしているのかもしれない。QTまでの2ヶ月で自分のものになってくれれば良いのだから。
そして、もう1つの目標だった日本オープンの出場権。北海道オープンは各地区オープンなので毎年、北海道、中部、関西、中四国、九州の各オープンでの上位者に出場権は与えられる。今回、北海道Opを勝った額賀君は、既に各地区のオープンではなく一次予選会へエントリーしているので、この各地区オープンの出場権は得られないのだ。残念だが額賀君は最終予選会で日本オープンの権利を得るしかないのだ。そこで何人?今年は北海道オープン上位者に出場権が与えられるか?こればかりは今月23日を過ぎないとわからないが、、、昨年は5人だった、とだけ書いておこう。そして先日の報知新聞北海道版には3人と書いてあったが、確定的な数はわからないのだから。タケの優先順位は、2位の田口のやっさんが1番、3位ではタケが2番目になる。この順位付けも、岩手県Opで苦汁を飲んだマッチングカード方式。でも北海道では甘い汁となったのだ。確定ではないが心配もあるが通例なら日本オープンへは参戦できるところまで来た感じだ。

さぁ~仕事に戻ろう。原稿を仕上げよう。
おっと、、、サンデーモーニングを見ながらね。
関口社長の切れるコメントを聞きながらね。
そして同僚の唐橋ユミちんのコメント&手作りテロップも楽しみだぞ!
では、、、
[PR]
by takekoyama | 2007-08-19 08:14 | 仕事