takekoyama official blog

・ジュニアキャンプは無事終了、パー原稿も仕上がった。・

おぉ~疲れ様でした。塾長の浦東プロもお疲れ様でした。
受け入れてくれた箱根湖畔GCのスタッフの方もお疲れ様でした。
そして何しろ、参加したジュニア諸君!
怪我も体も壊さず無事18番ホールの自宅に帰りついた事と思います。
完走おめでとう。またキャンプや試合であいましょうね。See you soon!


無事、子供達を解散場所の表参道・原宿交差点まで送り届けた。
千駄ヶ谷駅から中央線に飛び乗り、実家の高尾まで。
まだ新居はリフォームが済んでいないので泊まれる状態ではないらしい。早くリフォームが終わり、海外から送った荷物を搬入したい所だ。荷物は既に運送会社の倉庫までは来ているので。来週の頭にはSakuraの学校から始まるので自宅から送り出してあげたいからね。

家に戻ると、週刊パーゴルフの担当・川内氏から電話を貰う。内容は日本における地域密着型・地方オープンの状況と今後なるインタビューだった。自分の経験と思いを彼にぶつけた。これを文章におこすのがライターの仕事である。来週号のウィークリーで載る筈だから読んでもらいたい、面白い話をしたのでね。

ゆっくり、親父と芋焼酎を飲みながら久し振りに話をして時間を過ごした。
自分には女の子2人。子供とゆっくり話をする時間は今はあまり無いが、男同士は酒が呑める時代が来れば結構時間を共有するものだなぁ~、良いもんだ。親父がバリバリの現役リーマンならこんな時間は持てないだろうから人間長い生きはするものなのだ。この時、はっ!と思った。こんな時代だからこそ、ファーザー&サンを開催したいってね。お母さんと一緒でも、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒でも良いんだ。ジュニアと大人が組んでやる試合。日本にはあまりお馴染みではないが米国には嫌というほどある。これに出よう。親父が元気なうちな。

そして今朝は寒くて起きた。窓を一杯に開けて寝ていたのだが八王子の朝はもう秋の朝だったよ。でももう既に外は蝉が泣き、太陽がこれでもか!と差し込んで来ている。暑くなって来た。パーの原稿は昨日、昨晩が締め切りだったが先程、書きあがった。入稿も終わり一息入れている所。これからジムへ行って少し走る&ストレッチ。

お昼過ぎから都内で仕事。ツアーに出ている選手は試合中。試合の無い選手、出れない選手は練習?レッスン?業務?まぁ~プロでも一流で無い選手は試合に行く金も自分で捻出しなくてはならないからね。それがプロゴルファーへの道だからね。一流になりたいと思う気持ちとそこまで辿り着くには持っている才能、プラス信じ続ける力も必要だ。でも諦めるのも一つの選択だからね。今秋に企画されているゴルフツアーの打ち合わせでジェットスポーツへ。その後に三桂の事務所で日刊ゲンダイからの取材を受けるが、内容は日米のジュニアについてだ。楽しみな内容になるかどうか?それはわからない。俺が持っているジュニア観は日本のマスコミや親御さん達とは違うだろうからね。ジュニアのゴルフについては職業ゴルフと全く違うスポーツであるという事。それが通用するしないとは全く関係ない。ジュニアには社交性とマナー、そしてルールを覚えて欲しい。上手くなるのは当たり前。長くやればゴルフは上手くなるのだから。日本人の社交性の無さは天下一品だからね。

さぁ~ジム、地下鉄に乗って都内周りだな。
仕事終わりは、軽く一杯!やりますか?

追伸
日経ゴルフ・インサイド・ロープは更新されました。左リンクからどうぞ。
[PR]
by takekoyama | 2007-08-24 09:12 | 仕事