takekoyama official blog

・・仕事にあぶれた男、ウエイティングは駄目。・・

すっげぇ~仕事だなぇ~、プロゴルファー。
出場権を持っているって事がこんなに素晴らしい事だとは思わなかった。”シード権争いがぁ~” ”試合のスケジュールがたてやすい。” なんて、、、言葉では簡単に言って来たが(解説者時代)、当の本人になってみればこの辛さがわかる。だからこれを読んでいる貴兄にもわからないのだ。って言ってもわからなくても良いのだ。だってそれこそ、人の庭。好きでやっているのだし、それで生活しようとしているだけだから。貴兄の仕事に対してタケ小山がどうしろこうしろとは言った覚えもないし、これからも言わないから。

って事で、凄い書き出しになったね。何故かな?悔しいからだろうけど、こうなった理由はハッキリしているのだ。思い起こせば昨年の12月に行なわれたQT・Final@セントラルで6日間戦わなかった事から始まり、3&4日目を投げた事(体がねぇ~)。投げたって言っても諦めたわけじゃーない。この時も3次の時に痛めた腰が非常に悪く、思いのままギョクを弾けなかったから心と体がコンバインしなかったんだな。勿論、自分の技量もそこまで達していなかった事は事実だと思うし、でも今年もあのコースでやるのかと思うと苦しい展開には間違いないな。でもワンストローク良ければ順位は凄く上がるし、違う展開になる事を完全に忘れていた。QTの順位がこれだけ影響する事を簡単に考えていた事はこのウエイティングで理解出来たんだ。

ウエイティングのお話は何処かのコラムでキッチリ書くけど、、、手順として。

①・試合前日のレジストレーション受付に午後12時集合。
②・名前、サイン、点呼をして確認する。
③・試合初日の最初のスタート時間40分前にレジストレーションへ集合。
④・集合したものだけで補欠要員としてウエイティングに入る。

昨日のウエイティングは160番台の難波選手だけで次がタケになっていた。その前の選手は③の項目を2分遅刻して順番待ちに入れず。情けないなぁ~この選手。でも俺たちにとってはラッキー。難波選手とフロント前でウエイティングに入る。この難波選手は昨年のQT・Finalの初日&2日目を一緒に戦った選手なのだ。静岡のプロなんだけど若いし、ルックスも良いしねぇ~試合にガバガバ出れば人気も出るぞぉ~。難波選手は次点だからゴルフシューズに履き替え、ストレッチを開始し始める。チャレンジもレギュラーの試合が無いから来る来る、、、シード確定の選手も来る、来る。って事で難波君もスタート出来ずに1時間が過ぎる。俺は完全に諦めモードで週刊パーゴルフの原稿下書きを始めた。選手達が声をかけてスタートして行く姿を見た瞬間に本気で悔しくなって来た。試合は出るものであってプロは見るものではない。仕事場に居て何も出来ず、指を咥えて見ているプロはアホか?馬鹿ものだな。したがって俺の心はまだゴルファーに近いのだ。その事を確認出来たこの試合は大きいな。モチベーションが下がるどころか、やらなければいけない事の再確認が出来たからね。

タクシーで徳島空港へ向かう車中から、お遍路さんたちに出会う。そうここは四国八十八箇所、全長約1200km~1400kmといわれるお遍路は歩けば40日以上かかるそうだ、、、とタクシーの運転手と話をした。徳島はやはりジャンボ尾崎プロの聖地でもあってタクシーの運転手は来年この試合がレギュラー昇格でもしてジャンボ3兄弟が凱旋してくれれば阿波踊りより人がワンサカ来ると言って喜んでいた笑顔は最高だったな。

羽田空港からは、羽田空港~京急川崎~JR川崎~登戸~小田急線(大学後輩・山口君元気かぁ~?)で自宅に戻り、バタンキュウ。子供達と御飯を食べたら元気回復であったのだ。

さぁ~やるぞ。
[PR]
by takekoyama | 2007-09-22 06:36 | 仕事