takekoyama official blog

・・・Japan Open 2日目 & 終了。・・・ 

終わった、初のJapan Open。ジャンボやトミー、シニアの室田さん、三好さん。久し振りに声を掛けてくれた藤池さん。みんな俺よりも年上の人たち。その人たちもまだこのフィールドにいた。勿論、若い選手も。石川遼くんをはじめ学生の選手達。日本で1番歴史があり、伝統の1戦。選手の年齢差が1番大きな戦いなんだと関心した。43になって初めてこのフィールド・Japan Openに出場出来た俺は良い経験をこの年になって出来たんだ。この想いを何時までも持ち続ける事はこれからのゴルフ人生に大きな糧となる事間違い無しだ。

さて、、2日間の内容はスコアの通り。バーディーは2個。ボギーが13個。パーが21個。
これがメジャーセッティングのゴルフなのか?な。でもスコアを出している人はこのボギーの数ではない、もっと少なく耐えている筈だ。バーディーもあと3,4は欲しかったが乗らないのだ、グリーンに。FWへ入らなければ、グリーンには乗らない、グリーンに乗らなければバーディーはない。このパターンでゲームが進む。その中のチャンスを拾わなければスコアは出ない。

この2日間、応援に駆けつけてくれた皆さんには感謝しております。ありがとうございました。試合で何時も応援してくれている人たちの顔を見ると本気で力になりますよ。また、本当に久し振りに会った顔の古き良き友人や大学の先輩&後輩にも感動。自分のスタッフのみんなにも感動。ありがとうございました。そして、黙って5日間も俺の重いバックを担いでくれたBunpei (Bunta) Ogawaには本気で心から感謝している。ありがとう。でもBuntaがポツリと言った『今度頼まれてもやらない。』 これは本音だな。かなりハードな仕事だものね。ツアーキャディーは本当に大変なんだと感じたこの試合でもあったな。今度、彼らを取り上げたい。

さぁ~ツアー競技はこれで全て終了かな?今年の予定では。あとはPlayersTourのダブルス(10月25、26日@白帆CC・茨城)&ツアーチャンピオンシップ(11月14,15日@箱根湖畔GC・神奈川)の2試合。そしてQT。今年は3次からだ。QT3次は下関G。11月1日に入る。来年も戦うフィールドを確保する為にもやらなければならない。でも止まれば終わり、継続していれば必ずチャンスは来る。そのチャンスを待つ事が出来るのは継続してやる事。安定した生活も収入も期待は出来ないけど、今の自分にはこの時間が大切だし生きているって感じる事が出来るんだ。もっとゴルフがしたくなった一週間だったな。しかし俺のゴルフはヘッポコだ。まだまだ力不足。練習あるのみだ。

以上。
[PR]
by takekoyama | 2007-10-13 07:06 | 試合