takekoyama official blog

・・岡部チサン・美里コース・・

急遽、ラウンドを入れた。岡部チサン・美里コース。過去には、関東オープンを開催した丘陵のチャンピオンシップコース。ここを始めてプレーしたのは今から25年前程になるだろうか?
高校生で、パーシモン、糸巻き、体も出来ていなかった。7200yのコースは長い、長いだけが印象に残っていた。その後、このコースが俺のホームコースとなり大学時代は良く練習に通ったものだ。

しかし、最近の美里は変わり果てた。松は死に、コース内には芝が生えて居ない場所も増えた。今後も、松枯れの対策がなされないのであれば寂しい結果になるだろう。林間&丘陵のチャンピオンシップコースを無くす事は寂しい結果がつきまとうかもしれない。PGMに経営が変わって良い面、悪い面もあるだろうが、コースを生まれた時から知る者としてコースの成長は自分の子供を見るような気持ちだろうから。ゴルフコースは自分達人間よりも長く生き、成長を続けるはずだからね。見届ける事が出来ればそれはゴルファーとして本望かもしれない。

岡部チサン・美里&岡部コース。決してコースは悪くない。好きなコースだ。
働く人々も、誇りをもってコースを愛して欲しいなぁ~。

参加者は、、、、岡本氏、小川氏、吉原氏。お疲れ様でした。
楽しいゴルフはこれからも続くのです。今後のハンデは会議が必要です。
[PR]
by takekoyama | 2007-12-08 06:40 | 仕事 | Comments(6)
Commented by たけゆぅ~き at 2007-12-08 08:38 x
美里にタケさんの気持ちが届きますように。
そしてrebornして欲しいですね。

やはり、ハンデキャップ委員会の設立が必要になりましたね。
美味しいところを小川氏に持っていかれたのでしょうか?
Commented at 2007-12-08 12:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takekoyama at 2007-12-09 06:08
>たけゆきさん
委員会はマジで作ってください。僕は何なんでしょうか?
わかりません。
Commented by takekoyama at 2007-12-09 06:09
>鍵コメさん
了解。そろそろ行きます。
Commented by nory917 at 2007-12-11 19:16 x
このコースを一つのホームとしています。
まさにタケさんのおっしゃるとおりで、最近は経営方針が変わってとにかく詰め込みます。これでコースメンテができる訳もありません。
まず経営ありきは分かりますが本末転倒という事も考えて欲しいものです。バンカーなんてベアグラウンドと同じです。グリーンも荒れてきています。こんな状態で松枯れ対策ができる訳無いんです。
今、気がつかないと大変な事になるでしょうね。淋しい限りです。
Commented by takekoyama at 2007-12-12 10:07
>nory917さん
ごめんなさい。コメント、見つけました。
本末転倒。これに尽きますね。外資系のコースマネジメント会社は数社ありますよね、でもどの会社が良いのか?悪いのか?わかりませんが、コースだけは大切にして欲しい。美里は松があって初めてコースが生きるのです。昔、あった松がなくなりコースが変貌していく、こんなに悲しい話はもうたくさんです。メンバーとビジターの差が無いのもびっくりですが、、、