takekoyama official blog

・・ Kawasaki  ピッチ ・・

c0038548_21405015.jpg
c0038548_7255783.jpg

初めての、J-リーグ観戦。
感動したなぁ~、俺が米国に旅立った年が、89年。その時代のサッカーは実業団サッカーで、こんなにもサッカーが観客を動員できるスポーツだとは思っていなかった。昨晩のフロンターレの相手はこれまた激しいサポーターの鹿島アントラーズ。スタジアムに行って生で見ると、凄い事なんだと肌で知る事になる。大学院の平田研はサッカー研究では他を寄せ付けないほど、日本サッカーを引っ張る人間が多く在籍するし、卒業して来た。そんな中、他スポーツを、スポーツビジネスパターンを見る事は、大切な事。ゴルフに活かせるかどうかは別として、何しろ、無類の盛り上がる事が好きな、お祭り男としては、、、最高のGWになった。

この観戦は、先日、ゴルフで一緒だった、同じ事務所の、中西哲生にサッカーを見てみたいとお願いして実現した。
c0038548_7383681.jpg
この席は、””中西哲生シート””で、元Jリーガー@川崎フロンターレの哲生が自分でサッカーを観戦したい人達を、招待している席なのだ。勿論、哲っちんが自腹で購入している。サッカーをスタジアムで、生で観戦して欲しいという事からだろう、自分が成長したサッカーをもっと知ってもらおうって気持ちがそうさせているんだろうな。俺たちが、学校で学ぶ、どうやってそのスポーツがビジネスになるか?とは相対する位置に、このシートは対峙するのかも知れない。でも、元プレーヤーが考えている事は、スタジアムへ来れば、何かを感じるって事なんだと思う。しかし、2万の観衆が集まる、ビックイベント。川崎・等々力競技場は熱かったな!試合終了後は、哲生シートに来ていた、家族と一緒に、ピッチへ。凄い!このピッチの芝生は、完全なるオーバーシードのライグラスだろうか?凄い密度で生えていた。たぶん、この下のファンデーションはバニューダ芝、日本ではティフトンなんて言われている物の上に、冬芝のライグラス・オ-バーシードだね。この日は雨がお昼まで降っていたから、かなり洋芝のピッチは滑ったはず。そんなプレーもあったしね。だから足が強くないと、この芝の上でのプレーはかなり厳しいと思うよ。

何しろ、嵌ってしまった。
地元は、狛江なので、FC東京がホームチームか?
帰って来て、FC東京のHPへ飛んだ事は、、、間違いない。
でも、、、哲っちんの、、川崎も近いんだよな。どっちのシーズンチケットを買うかな。
[PR]
by takekoyama | 2008-05-03 21:40 | 仕事