takekoyama official blog

旧軽井沢

c0038548_8524959.jpg

素晴らしきコース

大正・8年オープン
12h・Par48

このコースには日本のリゾートゴルフに対する想いがたくさん詰まっている。Par72を、18hを誰がゴルフ場と決めたのか?英国やスコットランドにも18h、Par72ではないコースは無数に点在するはず。しかもここは、あのジョン・レノンも愛した日本有数のリゾート地。慌てない、急がない、都会の雑踏から抜け出した人達の休息の場所。このコースのデザイナー、安田幸吉さんは、6h&6hのコースデザインを理解しての設計だったのか?謎は深まるばかり。300y~350yのPar4が多いが決して簡単にバーディーは取れない。芝は何と!”野芝”である。ボールが置かれている状況は、日本へ戻って1年経ったがこの芝が一番難しかった。

ちなみに昨日は、我々の4人のパーティーと、1人で回るプレーヤーが2人だけの合計6人が来場してのプレーだった。まぁ~騙されたと思って一度、プレーしてください。来年90歳になる、この旧軽井沢ゴルフクラブは、”おい、ゴルフファー達よ、道具もボールも進化しているのに、お前らのゴルフの技術はどうなっているんだ?”っと何処からともなく聞えてきそうな、、、、ゴルフ場だった。
[PR]
by takekoyama | 2008-05-21 08:52 | 仕事