takekoyama official blog

・・・Webb&藍ちゃん・・・

先週のANZレディースマスターズは地元のカリーがエンジンをブンブンいわせてFinishラインを通過して行きましたね。この優勝は勝ったというだけでなく今シーズンの彼女の戦う気持ちが伝わる優勝でしたね。昨年は道具も一新、仲の良かったツアー仲間ともお別れして何だか色々あった一年だったはずです。しかし昨年後半からは新しいコーチとのスイング改造に取り組みその成果が確実に花が咲き始めた感じがありますね。ただ最終日は昔の強かったカリーのスイングでしたよ。3日目までは新しいスイングが出来ていたように見えました。確実に下半身の動きが変わっていましたから。昔のスイングではおへそから下がインパクトゾーンで前方に近づいてくる動きが腰や体に負担をかけていたのですが新しいスイングは今後15年ツアーでPlayしていく為のスイング改造ですね。ここでスイングに手を加えてくるカリーの心は完全に賞金女王復活を目指したものだと思います。アニカが苦しんでいる状態ですからチャンスですね。ゴルフは日常生活の心の状態も勝つ為には大切なファクターですから生活が乱れているようでは賞金女王は取れませんね。アニカのコロニアル参戦は絶対にしてはいけなかった行為だと思いますよ。彼女のモチベーションはあの試合で一気に下がったと思いますから、、、、、

さて、藍ちゃんですが初日、2日目のPlayは残念ながらスコアしか見る事しか出来ませんでしたが決勝ラウンドの2dayはスタートからFinishまで見ましたよ完全版で。気持ちの良いゲームをして来ます。はっきりしているゲームですね。ショートゲームの良さが彼女のゲームのバランスの中では重要な位置を占めていると思います。最終日の彼女はそれまで完璧だったアプローチの縦の距離がまったく合わなくなってしまった事。パー5での4,50yのアプローチが完璧だったのに最終日のウエッジPlayは残念ですね。しかし4日間の試合は日本では余りありません。メジャーと何試合かですよね。今後世界のメジャー&LPGAで戦うのなら4日間のゲームも覚えていかなくてはならないでしょうね。この場合は勝ち負けのゲームではなく4日間でグリーンのコンパクション(硬さ)&速さ、フェアウエーの硬さ&速さの変化に対してのボールコントロールでしょうね。カリーが3日目で4打差になった時にインタビューで難しくなればチャンスと言っていますよね。これは4打差はどんな試合でもどんな選手がリードしていてもBigリードですがリーダーが伸びなければチャンスの数字ですよね。藍ちゃんはインタビューで最終日の目標を4つ伸ばすと言っていましたがこれは大正解で何の間違いも無かったと思います。しかし初日の内容と3日目の内容の変化の中で何かを感じ取っていたのでしょうか。一つこれだけは言って置きますがカリーの最終日は完全にはまった前半です。スタートダッシュが重要なあの状態で4ホールでー4まで行ったのですから狙っていたとは言え出来すぎですね。でもこれが出来る選手がメジャーを取っていくのですからこの現実からは目を離さずこのゲームが出来るPlayになって欲しいものです。この壁を乗り越えなければ女子のメジャーを取るのは困難ですからね。しかし、ロープの外から見ているとゴルフってつくづく変なゲームと感じますね。もう少し書きたいのですが長くなるので今度にしますね。不動選手も十分海外では戦えるのに残念だな。彼女のゲームは怖いぐらい凄いと思うのはたけぇ~だけじゃないと思うが、、、、、、、
[PR]
by takekoyama | 2005-02-28 21:37 | 仕事 | Comments(13)
Commented at 2005-02-28 22:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by o2car at 2005-02-28 22:10
エキサイトブログですと、

「投稿」のページで
「トラックバックURL」にトラック先URLを追加します。

http://blog.livedoor.jp/o2car/tb.cgi/15263484
(私の記事に対するトラックバック先)

すると私の今日の記事へのリンクが張られ、
私あてに「たけプロがトラックバックしたよ」という
通知がきます。

そんなしくみです。
Commented by JK at 2005-02-28 22:14 x
宮里選手のウェッジの距離感が,最終日になってあわなくなった原因はどこにあるのかなと考えていました。大きいクラブは,3日目よりも調子が良いように見えたし,狭いホールでも思い切ってドライバーが触れていたと思います。報道によると,キャディの小田さんは,「日本ではギャラリーの声に反応することはないのに、英語の声援に全部答えていた。少し楽しみすぎた」とコメントしているそうなので,落ち着いてプレーしているように見えても,集中しきれない部分があったのかもしれませんね。50ヤード以内からのウェッジショットは彼女にとって大きな武器になっているだけに,海外のいろんなコースやグリーンに対応するショットを身につけることができたらと考えると,楽しみです。
Commented by o2car at 2005-02-28 22:16
トラックバック完了です^^

ウェブが「大人の女の強さ」を見せたというところでしょうか。
スィング的にも「どついていく動き」が少なくなり、
より振り抜きを重視したものにチェンジしていってるんでしょうね。
今後のウェブのゴルフに注目ですね。
Commented by o2car at 2005-02-28 22:17
o2carは「ましまろ」です。
エキサイトの方をログインしたので、
エキサイトのIDになっちゃいました。
Commented by takekoyama at 2005-02-28 22:22
Webbは強く変化してきますよ。今年は。
藍ちゃんはスイングにも少し不安は残りますね。あまり書きたくないのですが。でもあの状態ではスイングどうの?ってことより勝ちたい気持ちがWebb方が大きかったと言う方が良いのかも知れません。しかしJKさんの言われる様なキャディーがコメントしたのであればキャディーは失格です。キャディーはコメント要りません。コメントする前にする事があるはずです。その状況にさせないのもキャディーの仕事ですから。
Commented at 2005-02-28 22:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takekoyama at 2005-02-28 22:30
もちろんです。
待っていますよ。Rexと共に、、、
Commented by ましまろ at 2005-02-28 22:37 x
ありがとうございます^^
moonlightの動画みました。
そこで一つだけ質問です。
ドライバーショットでソールする時、

1、ボールにぴったりくっつける
2、ボール一個分くらい離す
3、もっと離す

そして、
1、フェースセンターにあわせる
2、トゥよりにあわせる
3、ヒールよりにあわせる

どれですか?
もしよければ理由などを聞かせてもらえると幸いです。
Commented by takekoyama at 2005-02-28 22:50
あの映像では良くわからないと思いますが、あれは3Wですね。僕はソールは浮かせたままです。チン(あご)とボールとの距離を保つ為にやっています。ボールとの距離ですが今は右サイドの動きが早めになっているのでヒール気味にきています。プラス、トウダウン気味にインパクトが来ているので少しトウ気味に構えプラスボールを見る位置もボールの手前側にしていますね。

本日・休日。したがって今から体脂肪燃やしに出かけます。30分走って1時間ステップします。そのあと肩のケア(鉄あげ)をしてゆっくりしたいと思いますが、たぶん無理でしょう。しちゃうんだろうなゴルフ&練習。

では、、、
Commented by ましまろ at 2005-02-28 23:25 x
ご回答ありがとうございます^^
アイアンショットやフェアウェィウッド等のショットは、地面から打つのでそのボールのライがインパクトゾーンのイメージは必然的にライに対応していきますよね。
長いクラブほどトゥダウンが大きくなるのでその分余裕を持たせるというか許容範囲を広くしたほうがいいのかなという話なんです。
それでたけプロにドライバーショットの時にボールから離すのかどうかという質問をさせていただきました。
やはり「当たる位置にボールを置く」という基本的な作業をきちんとされているんですね。
Commented by H.Ando at 2005-03-01 14:08 x
たけ~さんの 藍,ウェブ両選手分析はチョッと我々ダッフアーにはレベルが高すぎてついていけないところがありますが,ましゅまろさんやJKさんのCommentsを併せて見ているとハイレベルの中にも,ナンとか理解出来る部分があった様な気がするのが不思議・・・。
これからもハイレベルな分析や解説を期待してます。
これから見ると,パーゴルフを始めとするゴルフ専門誌の記事内容は幼稚だね~, <まあ,万人受けを狙えば致し方ないところかも知れないが・・>雑誌購読をやめてもいいけど,御家人やたけ~チャンネルとの出会いがなくなるのも寂しいしナ~。そうか!部分立ち読みという手もあるか!!。
Commented by takekoyama at 2005-03-01 19:12
そうです。やめてもらっては困ります。立ち読みもいけません。お店の人に嫌がられます。人の多い店に行ってやってください。御家人さんの倶楽部チャンピオンだけは読まないといけません。週一回は芥川賞作家の文章を読む事が日本人でいる事のうれしさを教えてくれます。