takekoyama official blog

帯広の街

c0038548_1842339.jpg
ヒロ、勝、そしてMax・松井プロ。何故?Maxなのか?それは学生時代の米国留学で当時使っていたボール・Maxflyから取った名前。Rexterを使っていてRexってファーストネームを付けたPlayerもいました。その人とも仲間なのです、Maxは。って事で同志社大学・ゴルフ部のMax・松井は危険な先輩です。今は北の大地でゴルフの普及や振興、町興しをやっております。北見オープンの誕生にはこの人は外せません。

さて、夕飯はこの時間にすでに終了していました。1st Round が0700からスタート。自分のスタートが0716だったので終了したのが1230頃だった。それからグリーンで練習、指定練習場でギョクを弾いてホテルに戻った。髪の毛が伸びていたので少し切ってもらった。もう練習しながらコンビニでスナックを買っただけだったので1700に夕飯にしようと約束、この時間には終了していたって訳だ。

Game Day 1
バーディー・6つ、ボギー・4つ
噛み合っていない。気持ちなんだよね、ボールの行先は。どう戦うかは、本人の持っている気持でかなり変わると思う。勿論、技術の裏付けの元、起こり得る状況を判断して乗り越えていくしかないが、ある程度ボールが前に飛んでいれば、マネジメントと魂の入った球(ギョク)で十分戦える。

http://www.obihirokokusaicc.com/2008-dto-1.htm (道東オープンサイト)

今日は黙って66で回ってくれば、昨日のUsopenの様なプレオフは必要なしだな。回った感じと、3つの68、2つの69を見て、どう解説しても、この帯広国際CCでは簡単な逃げ切りにならない。普段は自分がプレイしているフィールドを予想はしない、なぜならその予想をインプットしてしまうとそのスコアやゲーム内容を強制的に作ってしまうからね。-8が優勝スコアだって思った時、予想した時、そこまでくれば人間の体は出来上がった状況を作ってしまうからね。でも今日は予想もしてしまう。2つの予想で、スコアが伸びない状況が80%で、-5で勝ち。スコアが伸びる状況20%で-8で勝ち、6,7でプレイオフかな。伸びる、伸びないの状況は、今日のピン位置、グリーンの状況、風、湿度などの条件次第。プレイヤーは入れない。

って事で、、、欲しいな、¥250万。だってさぁ~、、、欲しいもん。
税金を差し引いて、¥210万。助かるなぁ~、、これがあると。
ちょっくら、勝負してきます。

コースに来てプロのプレイを生で見てください。
楽しませますよ、凄いですよ。
待っています、0852@帯広国際CCです。

[PR]
by takekoyama | 2008-06-17 18:42 | 仕事