takekoyama official blog

・・宣言、引退、辞任、、Pick?・・

プロになりたいと志したのが17の時。アメリカでプロ活動をしたいと思ったのが20の時。大学を5年掛って卒業して、英会話の学校に通いながら大学先輩の米国コースに就職させて頂く事で就労ビザを取るまでの間が長く感じた24の時。そして夢がかなって、24で渡米、米国では宣言してプロ活動を開始した。27の時初めて豪州ツアーメンバーになりオセアニア&アジアを回ってボロボロに打ちのめされた。31で米ツアーに出て、まぁ~長い事やっている訳ですな。全く稼いでないけど。

昨日、朝から身の回りの仕事をして、午前中にジムワークへ出掛けたのです。ジムには雑誌がたくさん置いてある。その中でも、『Number』は俺のバイブルでもあるのだ。書いてある記事もさることながら、生きたコメントがたくさん書いてある。記者が書いたものではなく、選手が出したコメント。これを集めるのが趣味。そして、俺のバイブルになる。エアロバイクに跨る時には必ず雑誌は数冊もって汗をかいている。昨日はその、『Number』なのだ。あった。あったのですよ、良い言葉。先日、中日の山本昌が200勝した時の、落合監督のコメントだ。読んだ人いるかな?

『プロ野球では、ユニホームを脱がされる奴と、自分から脱ぐ奴がいるが、山本も、自分でユニホームを脱げる選手になったな。』

って書いてあった。これは落合監督の今までの実績で言えるコメント。その場を経験して、体験して、何時自分が引退するかを決めるほどの才能、努力を知っている人間が出すコメントなのかもしれない。この言葉を読みながら、じゃー俺は何なんだよ。ゴルフは、プロゴルフは宣言も、引退も、ないのか?日本ならテストに合格、QTでファイナルまで行けば試合に出れるし、プロ活動はそれ以外でも宣言すれば出来る。欧米でも同じこと。では引退は?誰が決めるのだ。チームから放出されるか、引退勧告、自由契約か?プロとは何ぞや。

って事からすると、、、、国会議員は悪くない、商売だな。
国の首相は辞めるけど、国会議員は辞めません。
まぁ~、今日の日記もよくわからん事になったな。では、、、、、

おっと・・・忘れていました。ライダーカップ・米国チームのキャプテンPickね。
United States Captain Paul Azinger has announced
Chad Campbell,
JB Holmes,
Hunter Mahan
Steve Stricker as his four picks for The 2008 Ryder Cup in Valhalla.
いいじゃーないですか。このPick。
流石です。この人はわかっているのですな、ゴルフが。
苦労人ばかりですよ。楽しみです。
[PR]
by takekoyama | 2008-09-03 06:41 | 仕事