takekoyama official blog

・・タケ小山は、全面的に協力いたします。・・

タケ小山が、解説者として、
この世界に飛び込んだチャンスを与えてくれた人から、
こんなメールが飛び込んだ。

タケ
さて、突然のメールはお願いのメールです。
僕の友人の息子(13歳)が拡張型心筋症と云う、
心臓移植でしか助からない病に倒れました。
今月の2日に記者会見(千葉)をして「救う会」が立ち上がりました。
僕は福岡で友人が勤める会社の仕事仲間と共に募金活動をしています。
一日でも早く手術が受けられるように目標の金額を集めなければなりません。
詳しくは「救う会」のホームページをご覧頂いて、
募金へのご協力を切にお願いします。

http://www.tensei-aid.com/

また、お友達やお知り合いの方への、
募金の協力をお願いできれば幸いです。

H拝

っとあった、、、、、
今、大学院生として通う、早稲田大学大学院。
その大学の早稲田ラグビー部のサイトにも「tensei」君のサイトがあった。
お父さんはラガーマン。それも同期の谷口氏と一緒の京大ラガーマンだ。
米国の医療費の高さには驚かされるがこれが事実。
移植手術では米国が一番なのだから。
俺も米国移民として18年間生活させてもらったが、
運転免許書には、「ドナー」、っとあった。
微力ながら俺は協力したい。
このブログを読んでくれている仲間にも協力をお願いしたい。


ご協力お願いいたします。
タケ小山
[PR]
by takekoyama | 2008-09-10 20:35 | 仕事