takekoyama official blog

2008年 12月 23日 ( 1 )

・・・思いのままに書こうか?・・・

今、論文の最終段階に来ています。俺が大学院に向かった理由は簡単。今年(08年度)は試合が無かったから、そして、来年も試合がない。今年初めに、ある人から、『諦めがついたか?』と聞かれた。はっとして答えられなかった。日本へ戻った理由も、『ロープ内への復帰』がテーマだった。でも自分が今年、大学院へ入学した事を恥じていないし、それが凄い事だとも思っていない。自分自身で学びたくて、早稲田のスポーツマネジメントの門を叩いたのだから。幸運な事に、06年の暮に日本のQTでFinalまで行き、チャレンジだったけど試合への参戦権もあり、ファーストキャリアの市場を得た。その結果、米国を後にして日本へ戻る事が可能になったし、サブプライムで崩れ落ちる前に家も売却出来た。副業としてのゴルフ解説者、コメンテーターとしての仕事場を確保してくれる事務所にも拾って貰った。そんな幸運が重なって日本へ戻って来たんだな。でもその幸運の陰で、子供たちは日本の文化への溶け込みに苦労していた事は間違いない。だから、good-luck, bad-luck, break even.なんだ。でも子供たちに、ガミを食わせる親も問題だな。

なんでこんな事を急に書き始めたかって?それはね、俺自身に魅力が無くなってしまったかなって感じているからなんだよね。自分本人もこれが俺なのかなって事を考えるようになったから。でも論文が終盤に近づいて来て、感じているんだよね。やっぱり間違っていなかった。

間違ってなんかいないって事だ。

今、俺が研究している事は、日本のプロゴルフに、いや世界のプロゴルフに無駄にはならないし、危害も加えない。必ずや、成功するとは言えないが、ファーストキャリアは必ず増える。プロゴルファー、PGAのツアープロのライセンスを持っていても試合に出た事がない選手、QTのFinalに行ったけど試合がない選手、そんな選手が日本には数千人いる。その最初の夢であるツアープレーヤーの心を捨てなくても戦える場を作る事が、今年、暇な俺に課された課題だったんだよ、な。だから俺は幸せなんだよ。

ある人が言った言葉、『タケ?諦め付いた?』。
付く訳ないじゃん!
もっと研究して、現実化させて、紙の上だけの青写真じゃーなく現実化させて、、、
試合を多く作る事で、『ファーストキャリアの実現』に向けて動き出すんだよ。
新しいフィールドを作って、得するのは、、、、
戦う場を得た、、、俺だ!

って事で、論文作業に入ります。お昼過ぎには、、、、
憂さ晴らしに!ギョクを弾くぞ。馬鹿野郎。


追記
幹事からのコメントをUpdateしておきます。

「カンファレンス」にご参加の皆様へ
参加者並びに実施要領が確定致しましたので、
要綱を明日午前中に皆様宛て一斉メール配信致します。
遅くなりまして申し訳ありません。
宜しくお願い致します。
皆様にお会い出来ますことを楽しみにしております。
幹事 敬白

って事ですので、タケ小山からもよろしくです。
今日は日記書けないのよ、昨日の日記があまりにも良い感じなので、、、
浸っているのよ、、、俺自身がね。論文も54頁4萬字。
終了に近いので、、、ギョクを弾く!行っちゃいます。売買。
[PR]
by takekoyama | 2008-12-23 08:10 | ・・色々・・