takekoyama official blog

2009年 06月 12日 ( 1 )

どたばたの一日

ドタバタした一日だったな。いや、ドタバタしていた一週間だったなが正しい。先週の金曜日から始まった怒涛の一週間。その中には仲間のツアー初優勝(ツアー選手権・五十嵐雄二)やTake Koyama golf conference、Hoakalei opening partyなんかもあって、充実の一週間だった。

しかし、昨日は時間ギリギリに長谷工ハワイ・ホアカレイカントリークラブ・オープニングパーティーの資料が出来上がる。1300時に我が家まで迎えに来てくれたA氏の車で神楽坂の巨匠・M氏の事務所まで行く。1400から京都オープンゴルフ選手権のポスターをお願いしに来たのだ。先生とのお話の上でもう一度試合の主旨と軸の確認を迫られた。1時間半に及ぶ打ち合わせ、ヒルズへのShowupの時間を過ぎる。途中で京都Opの実行委員に連絡を入れたが、少しズレが出た感じで電話は切った。頭の中でどうするのか?が、よぎりながら、六本木ヒルズ・ヒルズクラブ51階に到着した。初めてのヒルズクラブ。ITとベンチャー、ネオ・ジャパン・アズ・No-1を象徴する建物に驚く。80年代後半から90年代前半までに日本の経済を席巻したバブル。その後崩壊し、IT革命、ベンチャー席巻時代を経てのこの巨大建物・六本木ヒルズはサブプライムで崩壊した米国経済に耐えながら立ち誇る日本建築技術&設計の遺産かもしれない。経済も国政も何故か、米国の風や雨に耐え忍ぶ日本の姿が美しい。

なんて、、、悲観して、感慨深く、51階からの景色を愉しむ時間もなくリハーサル。今宵の相方は『唐橋ユミ』さまであったのだ。このプロジェクトのお話を頂いた時に、0611のお披露目パーティーが必ず頭の中にあり、ハワイで取材、打ち合わせをしている時も、何度もプロジェクトリーダー・I氏には相談していた。ユミさまとは事務所に入って一番最初の仕事をしたパートナー。その後も色々な場面で一緒になる事が多い。御存知、サンデーモーニングでもスポーツコーナーで一緒だったからね。本番はLive、お酒、立食のAudienceの難しさを痛感するが、久し振りのこの感覚。昔、幼馴染のNike・Rock Ishiiなどの悪友とやっていたBandを思い出したな。この感覚は良いね。ラジオ&テレビはAudienceが見えないけど、Liveは見える。今でも、どのテーブル、どの人が、喋り手の顔を見ながら聞いているかはっきり覚えている。
c0038548_4273013.jpg

全て終了し打ち上げ。喜多見方面の3人(I氏&M氏)でTaxiで帰るが狛江に途中下車。3人で2600まで飲む、反省する。でも楽しくもあり、充実した仕事だった。

今朝は流石に愛犬の散歩は出来なかった、ごめんね、ひまわり様。
頭の中は・・・・京都Opのポスターだ。
でも月曜日から始まる試合・旭川Opまで決め、試合に集中したい。

昨夜の写真?頂戴。一枚も撮る時間も暇も無かった・・・・
[PR]
by takekoyama | 2009-06-12 09:40 | 仕事