「ほっ」と。キャンペーン

takekoyama official blog

<   2005年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

・・・Webb&藍ちゃん・・・

先週のANZレディースマスターズは地元のカリーがエンジンをブンブンいわせてFinishラインを通過して行きましたね。この優勝は勝ったというだけでなく今シーズンの彼女の戦う気持ちが伝わる優勝でしたね。昨年は道具も一新、仲の良かったツアー仲間ともお別れして何だか色々あった一年だったはずです。しかし昨年後半からは新しいコーチとのスイング改造に取り組みその成果が確実に花が咲き始めた感じがありますね。ただ最終日は昔の強かったカリーのスイングでしたよ。3日目までは新しいスイングが出来ていたように見えました。確実に下半身の動きが変わっていましたから。昔のスイングではおへそから下がインパクトゾーンで前方に近づいてくる動きが腰や体に負担をかけていたのですが新しいスイングは今後15年ツアーでPlayしていく為のスイング改造ですね。ここでスイングに手を加えてくるカリーの心は完全に賞金女王復活を目指したものだと思います。アニカが苦しんでいる状態ですからチャンスですね。ゴルフは日常生活の心の状態も勝つ為には大切なファクターですから生活が乱れているようでは賞金女王は取れませんね。アニカのコロニアル参戦は絶対にしてはいけなかった行為だと思いますよ。彼女のモチベーションはあの試合で一気に下がったと思いますから、、、、、

さて、藍ちゃんですが初日、2日目のPlayは残念ながらスコアしか見る事しか出来ませんでしたが決勝ラウンドの2dayはスタートからFinishまで見ましたよ完全版で。気持ちの良いゲームをして来ます。はっきりしているゲームですね。ショートゲームの良さが彼女のゲームのバランスの中では重要な位置を占めていると思います。最終日の彼女はそれまで完璧だったアプローチの縦の距離がまったく合わなくなってしまった事。パー5での4,50yのアプローチが完璧だったのに最終日のウエッジPlayは残念ですね。しかし4日間の試合は日本では余りありません。メジャーと何試合かですよね。今後世界のメジャー&LPGAで戦うのなら4日間のゲームも覚えていかなくてはならないでしょうね。この場合は勝ち負けのゲームではなく4日間でグリーンのコンパクション(硬さ)&速さ、フェアウエーの硬さ&速さの変化に対してのボールコントロールでしょうね。カリーが3日目で4打差になった時にインタビューで難しくなればチャンスと言っていますよね。これは4打差はどんな試合でもどんな選手がリードしていてもBigリードですがリーダーが伸びなければチャンスの数字ですよね。藍ちゃんはインタビューで最終日の目標を4つ伸ばすと言っていましたがこれは大正解で何の間違いも無かったと思います。しかし初日の内容と3日目の内容の変化の中で何かを感じ取っていたのでしょうか。一つこれだけは言って置きますがカリーの最終日は完全にはまった前半です。スタートダッシュが重要なあの状態で4ホールでー4まで行ったのですから狙っていたとは言え出来すぎですね。でもこれが出来る選手がメジャーを取っていくのですからこの現実からは目を離さずこのゲームが出来るPlayになって欲しいものです。この壁を乗り越えなければ女子のメジャーを取るのは困難ですからね。しかし、ロープの外から見ているとゴルフってつくづく変なゲームと感じますね。もう少し書きたいのですが長くなるので今度にしますね。不動選手も十分海外では戦えるのに残念だな。彼女のゲームは怖いぐらい凄いと思うのはたけぇ~だけじゃないと思うが、、、、、、、
[PR]
by takekoyama | 2005-02-28 21:37 | 仕事 | Comments(13)

・・・トリプルディップ・・・3階建

3階建。アイスクリーム屋さんに行くとシングル?ダブル?トリプル?ディップ??ってことになりますね。日本ではどうでしょうか?Miniの試合では2Day Totalの賞金だけでとシングル。初日が終わって賞金が貰える順位から外れている選手達だけで2日目を争うセカンドデーをもゲットするとダブルディップ。プラス、スキンズ(前回説明しましたが今回も説明つけますよ。選手全体で各ホールのスコアが一番良かった選手。<例>1番ホール一人しかバーディーがいない場合その選手がスキンズゲットって事になります。)をもゲットするとトリプルディップ。今週はトリプルでした。2日目、4バーディー、1ダボ、3ボギーの73。コンディションは最悪でした。昨日からの雨が今日も降り続き久しぶりの雨中ラウンドになりましたが初日を終わって9位タイのたけぇ~は8位までの賞金ラインからもれている為セカンドデーのエントリーを済ませスタート2番で4パットのダボを噛ましましたが前半とんでもないコンディション中ー1でターン。13,14とボギー、16番でバーディーがきましたが18番気持ち良くボギー。トータル145。+1でFinish、8位タイで終了です。プロアマで65をマークしながら試合では72、73ですからまだまだ絶好調とはいえませんね。ドライバーに距離の不安がある以上この状態からは抜け出せない蟻さんの様です。しかし飛んでいたなぁ~同伴競技者のR510TPは、、、欲しい。

疲れている様です。自分でもわかりますのでお休みなさい。
コメントは何時でも待っていますので、、、
って言いますが楽しみなのです。
質問もOKですよ。では、、、、Good-Night!!
[PR]
by takekoyama | 2005-02-28 10:54 | 試合 | Comments(3)

**WILDWOOD OPEN** at Continental CC

週末はとんでもないスケジュール(サラリーマンのほう)をこなしながらまたもや試合参戦となっております。しかもProーAmが金曜日にあったのですがこれは体の事を考えると到底無理なご相談って事でNFPGA(北フロリダPGA)にお断りを入れておいたのですが木曜日の夜にトーナメント・ディレクターのRick・Hendershot(リック・ヘンダーショット)から出場要請の電話。以前勝った事もある試合なのでどうしてもって事で了解してしまった。ゴルフ場に所属していた時はもちろんPGAのメンバーだったのでセクションにはお世話になっているし通訳が必要な時にはPGAのお手伝いもしてきた事もあるのでお互い様って事ですね。Pro-Amの結果は何と!最後ボギーにして65。今週に入って2回目。嫌な予感。本番がどうなるのか?って感じで会社に向かい準備2時間半、放送を5時間、その後インタビュー取りで1時間。家に帰ったのは朝方2時45分。もちろんBeerを呑んで軽く食事もしましたよ。ベットに入ったのは3時を回っていたが。スタートを最終組にリクエストしてあったので10時のスタートにあわせて7時におきて会場に行くとプロショップのおばさんから茶封筒を手渡されPro-Amチーム優勝と個人も優勝の賞金を頂き眠気が一気に覚めご機嫌に。しかし3バーディー・3ボギーの72。フィニッシュ。残念。昨日のスコアを初日のスコアで使ってってごねたが申し入れはきかず、、、、当たり前か。明日は少し気合を入れてやらんとまた本選の賞金にありつけんぞ。でもなぁ~サラリーマン稼業の方は本当に苦しいです。万人に受け入れられる解説はどんな解説なのでしょうか?何が何だかわからなくなります。玉打ちは玉打ちがいいよね。
[PR]
by takekoyama | 2005-02-27 09:38 | 試合 | Comments(5)

・・・トロピカルチャイナ・海南島ゴルフトーナメント・・・

いよいよ!選手募集です。中国ゴルフ協会とのサンクションイベント。アジアの選手達も多く参加するこの試合に日本からは60人の選手団を構成して戦いを挑みに中国は海南島までの遠征です。俺は日本の日の丸を背負って戦いという戦士達は一報ください。日本からはシード選手も参加の予定。決定しているプロはすし石垣、タケ小山行きますよ。プロゴルファーで参加希望選手はここまでご連絡を。TV放送もあります。現地中国では生放送、日本では後日ダイジェスト番にてゴルフ専門局で放送予定。アマチュアの参加も良いのかな?これも問い合わせを!

ラフォーレ原宿ゴルフスクール内
プレーヤーズツアー事務局・浦東まで
電話・03-3479-5506
[PR]
by takekoyama | 2005-02-25 10:36 | 試合 | Comments(4)

・・・Grenelefe East 1Day・・・

試合に出場してきました。結局。良い感じ来ているのでゲームの中でスコア出さなければ練習場で球を打っても良いイメージは出てきませんから。何しろゲーム感は大切なのです。行くからには小さいだろうが大きい試合だろうが勝つ事が目標ですからラウンド中にどのくらいの難度かとかその日のコースの状態を感じたり自分のゲームの状態を判断しながらゲームを展開していく事も大切な要素ですね。昨日は同伴者にも恵まれたのかもしれませんが。CHRIS・WISLER(クリス・ウィスラー)、04年度カナディアンツアー賞金ランク3位で元オールアメリカンの選手が一緒の組に入っていましたからもちろん彼のプレーも頭の中に入っていましたが、ここの所のゲームの内容は悪くなかったので後半しかも14番以降の詰めが上手く出来れば良い所にいくのは感じていましたから。前半は1イーグル、1バディー、-3でターン。後半に入って10番~12番でバーディー。この時点でクリスもー6。たけぇ~もー6。ここからが最近のゲームの課題で14番辺りから走れるか?なのですが、、、15番でもバーディー、クリスも取って来ましたので-7。最終ホールでクリスのパットがはずれ、たけぇ~が2mを入れていれば勝ちだったのですが外れてお互いにー7でFinish。久しぶりに60台中盤のスコアでFinishで来ました。クリスもたけぇ~もですが65であがっても勝てないって事もあるんだぁ~と腹の中で思っているでしょう。それだけどんな試合でも勝つという事は難しいのですね。Moonlight Golf Tourの1DayはPlayoffは有りませんのでそのまま会場を後にして会社に出勤。仕事をこなし家に帰って来てぐったり寝てしまいUpが遅れました。応援してくださる皆さんには報告なくてはと飛び起き只今、朝の5時になるところです。今週末も以前優勝した試合と紹介しましたよね。今のゲームなら数年前に勝った時と同じようにー12ぐらいは行けそうですが、、、ゴルフはそんなに甘くない!ですから、、、Moonlightのホームページは検索すれば出てきますよ。優勝者のスイングはUpされていますから一日限定で。では、、、、、
[PR]
by takekoyama | 2005-02-24 19:04 | 試合 | Comments(11)

~~Zellwood Open・Day2・最終日~~

いや~疲れました。これほどパター君に嫌われれば問題はありません。自分のゲームはウエッジ&パットが主体で構成されます。ロングドライブはありません。ショートアイアンの精度とウエッジプレーが基本です。取りこぼす事は命取りなのです。しかし今週はグリーンを外した時にボギーになる確率が50%ぐらいあったのではないでしょうか?これでは少ないバーディーでアンダーパーにてフィニッシュする事は難しくなってきます。Day2の結果ですが4バーディー、4ボギーの72。したがって2Day Total Even。順位は11T、賞金は無し。唯一今日の1番ホールでのバーディーがスキンズなり$58ドルになりました。まぁ~これは保険のような物で一日、$10-払っておけば選手全員のベストホールスコアに対し払われます。したがって今日の1番ホールでバーディーは1個だったわけですね。先週の火曜日もそうでしたが前半の展開では11番を終わって5アンダーで走っていながら後半ブレーキ結果2アンダーフィニッシュ。この状態は決してゴルフ自体は良いといえないのです。後半14番ぐらいからFinishかけて走れるとスコアは本当に良くなるのですが。最近試合にて60台中盤のスコアが出ないのはこれが原因なんですよね。苦しい。悪いなら悪いなりにスコアを作れなければ駄目なんです。今週末の土日に試合は過去に優勝した試合で2Dayでー12まで行った試合なんだけど今の状態ではそんなスコア夢のよう。出場するかどうかは?考え中。コースのメンバーがギャラリーで付いて来るのだけどみんな自分のカートで来るので最終組はカートが40台ぐらいついて回る楽しい試合なんだけどな。週末も5時間放送だし体力と相談します。では。

応援ありがとうございました。またお願いいたします。
[PR]
by takekoyama | 2005-02-23 07:03 | 試合 | Comments(4)

~~Zellwood Open・初日~~

3バーディー・1ダボ・1ボギー。
って事でEvenですがやばいです。30人しか出場していません。
コンペ状態です。しかしリーダーは67。
30人中15人は現役。何処に出しても恥かしくないPlayerです。
残りの15人に解説&PlayerのへなちょこGolferが入っていますが。お許しを。
14人がアンダーパーですからかなり厳しいフィールドです。
ドネーター(寄付を持ってやって来るPlayer)は俺かも?
ミニツアーの賞金はフィールドの30%。
したがって9人しか賞金は有りません。したがって明日は黙ってー4は必要です。
マジックナンバーは””68””
この数字を狙って出せる力を付けるのが目的なので行きます。では、、、明日。
[PR]
by takekoyama | 2005-02-22 10:04 | 試合 | Comments(3)

・・・マレーシアOP・2年連続・トンチャイ・・・

トンチャイ・ジャイディーが2年連続で・・Carlsberg Malaysian Open at Suajana Golf and Country Club・・制しましたがこの試合はもともと皆さんがご存知の通りアジアサーキットと言われた時代から続く歴史の古い試合で過去にも多くの日本人選手が優勝しています。しかしこの試合、今は欧州ツアーとアジアツアーとの共同開催試合になりフィールドもアジア&欧州ツアーとのハーフ・アンド・ハーフ状態。賞金額は欧州との共同開催で年々うなぎのぼりで総額1億2千万までやってきました。アジアだけの単独開催ではここまでは来なかった事でしょう。TVの放映権だけでもアジア単独では到底売れるわけ無いのですから。しかしアジアの選手にとってこのマレーシアOPを欧州との共同開催でもっていかれる事は選手の中にも、役員の中にも反対意見はあったはずなのですが結果としてアージュン・アトワールがトンチャイ・ジャイディーがここの優勝で欧州ツアーへのシード権を足がかりとして世界に飛び立っていきました。2位に入ったジョティー・ランダワー選手も堂々2位で次の試合ドバイは自力で出場権をゲット。これでジョティーも賞金を重ねていけば欧州メンバーも見えてくるのです。日本のツアーが始まる前にジョティーが居なくなる可能性も大ですね。で、、たけぇ~が何を言いたいのか?そうです、何故?日本は共同開催に試合を持っていけないのか?共同開催についての話は他の団体からは話はあるはずなのですが一向に前に進まない。唯一、アジアとの共同開催で沖縄OPがあるだけ。共同開催でアジアの選手が沖縄OP勝ちましたか?まだ勝っていませんよね。ホームゲームですよ。日本の選手が負けるわけないのです。もちろんアジアの選手が勝てば日本でのプレー件は持っていかれるのですが持って行かれると思えば日本選手たちもそう簡単に勝たせるわけが無いのです。これが今、日本選手に一番かけている危機感ですね。欧州との共同開催が実現すればストロングなPlayerが欧州から参戦してくるでしょうが勝っても日本に居残ることは絶対にありえないのです。賞金額でも欧州は日本の約3倍ですから、、しかし共同に開催する事で世界レベル選手との戦い、TV放映権、新しいスポンサードの開拓など日本にとっては良い事ばかりと思うのですが?どうでしょうか?日本のチャレンジも、共同開催を早く実現していかなければ選手は育たないし試合数が増えていく可能性はゼロ。アジアの各国との共同開催は魅力十分なのですがね。だって今後のアジアツアーは間違いなく日本のツアーを追い抜き賞金額もとんでもない事になりかねないのです。まぁ~今回優勝のトンチャイも日本ではシードが取れませんでしたがそれが功を奏して今や欧州で一押しのアジア代表ですから。欧州の賞金ランク&アジアの賞金王の資格で米国へ乱入計画をここ3年続けていますが今年ももちろん狙っているでしょう。心配なし。トンチャイだってづぅ~と欧州ツアーにだって居ませんよ。呆けた役員達が心配するほど出来る選手は今時点に満足していませんから、常に上を目指しているのもです。日本も現役バリバリの選手達は共同開催は望むところでしょう。だって実際、谷口拓、平塚哲選手はQT(クオリファイリング・スクール)まで行っているのですから向こうが日本に出向いてくれて勝てば2年のシードですからこんなに美味しい話はありませんね。

”””トンチャイ・ジャイディー!!万歳!!元陸軍落下傘部隊!!”””

・・・追伸・・・
只今・週間パーゴルフ原稿仕上がりました。これで今週の解説業、コラムニストの仕事はすべて終了。あしたからは2dayの試合に行くので気合です。今日の午後からFree!!Man!!です。やったぁ~!!ばいばい!!
[PR]
by takekoyama | 2005-02-20 23:46 | 仕事 | Comments(10)

<<< 食べ物だぁ~&酒 >>>

ついに登場!食べ物シリーズ・第一弾。昨日のお昼。自分で作ります。スケジュールの関係上、ランチが夕飯ですからWineもちょっといただきました。グリルをするのですが骨付き&皮付きの胸肉は非常に難しいのです。皮からの脂で”真っ黒黒助”になる可能性が大なので火加減が非常~~に難しいのです。でも趣味はCooking、特技はIron Chefですから問題は無しと言うよりも今回はマジで上手く焼けました。その写真を見てお腹を鳴らしてください。
いっしょのワインはピノ・グリジオです。

c0038548_064012.jpg

[PR]
by takekoyama | 2005-02-20 00:09 | Beer&Food | Comments(6)

・・・Carlsberg Malaysian Open・・・

決勝ラウンドに入ります。土曜日。ムービングデイ。Moving Day。ってことですから選手の順位移動はかなりあると思いますが、グレイン(芝目全開!)のSaujana Golf Club。バミューダ芝は最強でしょうがこの湿気の多いMalaysiaなら最強の名は欲しいままでしょう。ってことで今週のグリーンでのパターは間違えて入ってしまうものあるでしょうから何だかわからないうちに今週は終わってしまうでしょう。 でも日本勢ではすし君ががんばっていますのでTVに映るところまで来て欲しいものですが、、、
話は変わって昨日の”ためしてガッテン”凄いなぁ~寒天の威力。寒天食うぞぉ~!芳香剤にも寒天使っているんだって。トマト大好きなたけ~にとって寒天トマトは作らないといけません。今、NHK・Newsで野茂選手の話しが出ているけどもう10年ですね。あの時は米国でPlayすること事態が事件でしたが時は変わって米国でPlayする事自体は問題ない状態まで来ていますものね。凄い事です。ゴルフは?ってですか。変わっていると思いますよ。速さは感じませんが確実に変わって来ていますね。しかしゴルフを理解している人がやはり団体を引っ張って行っていないと思いますがどうでしょう。3年後のアジアツアーが巨大なツアに変身している可能性は日本のツアーが年間35試合に戻す事より可能性は高いでしょうね。すでに中国での試合数は昨年度の倍以上、何ですか?これは。危機感を感じることそして自国の選手達を信じて共同開催にもっと精力的に動き出す事を望みますが。
[PR]
by takekoyama | 2005-02-19 09:33 | 仕事 | Comments(7)