「ほっ」と。キャンペーン

takekoyama official blog

<   2005年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

・・練習場・雨が降っています・・

 今日の練習場は雨。仕事から帰ってくると既に芝刈りは終了してエッジング(道路との間の芝刈り)のみ残っている状態。Wifeがいると何時もの仕事が半分になるのでうれしい。しかし勝手にやっているので俺の時間は勝手に決められている様で悔しいが何も言えない。カッコが良くない。ダンディーじゃーない。芝刈りが似合うダンディーはいるのか?ちょこっと首を傾げる。エッジング&ブローワー(掃き仕事・これも機械が・・)で仕上げ。Wifeの車が汚れていたので洗車。そのまま下のSakuraが友達の家にスリープオーバー(お泊り)に。バイバイ!!たけぇ~はやっとフリーに。練習へ行こうとしたら雷さんがやって来たのでそのままジムへ行き50分間、タイガー VS ビジェーの戦いをTVで見ながら走る。帰って来て汗だくのまま練習場へ。雨が降るも球を弾く。ギョクを弾く。球を弾く、、、、写真は練習場。何とCelebrationの練習場は移動屋根が装備されていたのです。うれしいね。
c0038548_1051237.jpg

スイングスピードが夏バテ気味なので赤に変えました。ぶりぶり振って体力強化&スイングスピードUp狙いです。良いですよ。このスイングスティック。
c0038548_10511787.jpg

雨が降っても大丈夫。この屋根は芝生の上を移動出来る屋根なんですね。最高です。この時期。
[PR]
by takekoyama | 2005-07-31 10:51 | 仕事 | Comments(18)

・・・釧路湿原ゴルフトーナメント・その2・・・

 皆さんにお知らせいたしました釧路湿原ゴルフトーナメント(8月12から13日・場所・釧路CC)。参加プロの集まりが良くないようでがっかりですね。この週末は北海道でもう1試合あります。これは昨年たけぇ~も出場した札幌オープン。北海道には北海道プロ会、北海道ゴルフ協会などの団体があります。北見オープンと釧路湿原は日程調整を5月の段階で終了して試合が組まれていましたが急に札幌オープンがこの週末に組み込まれました。小さな地域で2試合ですから選手割れが出て当たり前ですね。北海道の地元のプロには両方出てもらいたいでしょうから。今後はこの様な日程の重なりは絶対に起きてはいけない事なのです。主催者&トーナメントディレクターにはしっかりしてもらいたい気持ちで一杯です。どちらが成功するしないの問題ではなく地域のファンの皆さんにもプロにも迷惑がかかる問題ですよね。こちら米国では同じ地域、同週に試合はぶつからない様に日程調整はしっかり行われますから。
 ここまでは日程調整不足のお話。ここからが大切なお話です。よぉ~く読んでくださいね。
主催者が参加選手を集っていますがこんな話は聞いた事がありません。こちら米国では。2日間の試合で優勝が200万円。賞金総額が900万ですよ。一着2万ドル、総額9万ドルでしょ。ゴールデンベアやHootersよりでかいんですよ。それがたった2・5万円のエントリーFeeで良いなんてこんなのありですか?たけぇ~が出ているMonnなんて1日の試合でEntfeeが80ドル、勝っても200~240ドルぐらいです。Entfeeの3倍ですよ。それが2・5万円で250万ぐらいですから100倍近くですよね。しかもプロがMax90人でしょEntfeeのTotalでも250万弱にしかならない。その他の賞金に廻すお金は地域の小さなスポンサー様が出してくださった賞金ですよ。こんな試合に出ないなんて?何を考えているのでしょうか?びっくりです。野球人の方々でツアー予選会に出場なんていっていますがこんな所にも試合は一杯あるんですよね。プロになりたい少年やおじさん研修生はたくさんいるようですが、今年もたくさんの研修生がプロテストなるものを受けていたようですが何やっているんですかねぇ~。そのお金があったら1つでも多くの試合に出るべきだと思うのですが。試合に出て自分が本当にこのツアープロという仕事に責任が持てるのか?また本当の意味でのトーナメントプレーヤーと言えるのか?JPGAもテストに合格して試合に出れないのに何故?トーナメントプレーヤーでいられるのか?矛盾はたくさんあるのですが真実は一つ。試合はそこにあるのです。残念です。米国ならこの試合は数日で選手が集まったでしょう。それも過去ツアーに出ていたなんて人がたくさんいるはずです。試合に出続けるプロがツアープロ。クラブでゴルフの仕事に携わるのがクラブプロ。多くの人にレッスンをしている人がレッスンプロでしょ。簡単明瞭。これが無い日本のプロ協会は道に迷って当たりまえですね。
 出場者はまだ募集中と聞いています。出場興味のあるツアーを目指すプロまたはツアープロの方はお電話してみたらいかがですか?
<<大会事務局 プレイヤーズツアージャパン・03-3320-5605まで>>
[PR]
by takekoyama | 2005-07-29 20:10 | 試合 | Comments(34)

・・・野茂英雄がもう一度、はい上がるのか?・・・

 マイナー契約の野茂選手。好きなんですよね。あの感じが。たけぇ~と性格がま反対に見えます。どんなことにも心動かさず、じっと構えて己の思ったとおりに動く、こんな男大好きなんですね。もう引退でも良い訳でなんでここまで行くのか?野球小僧なんでしょうが。この男、野茂選手がいなければ、イチローも松井もこの地大リーグでプレー出来ていなかったかもしれないのですから。日本を逃げる様に伊良部&野茂はやってきたんですよね。トルネード投法でばったばったと打者を三振にとって大リーガーの夢、All star gameまで出てしまったんですからね。そして知らないうちに自分の金子を大好きな野球に注ぎ込んでいる。球団を買ったり子供たちに野球を教えたり何だか凄い男なんですよ。しかもたけぇ~とまったく違うところは無言実行の所ですね。これが男のダンディズムなんでしょうが。ヤンキースタジアムにゴジラ松井を背中に背負ってトルネードが投げている姿は後半戦に入って8月半ばには見れるのでは?ないでしょうかね。ピンストライプを着せてあげたい。もし野茂が人生でグッドラックとバットラックをイーブンで来ていなければヤンキーズが逆転でワールドシリーズで優勝してその時、先発ローテに入っているなんて事があったらそれは最高なんですが。こんな事無いか?野球を本当に知っている人なら笑っちゃうんでしょうが、、、でもやって欲しいな。
[PR]
by takekoyama | 2005-07-28 20:13 | ・・色々・・ | Comments(17)

・・・試合・本日75回・力なし・・・

 本日も時差ぼけ全開の家族の寝顔を横目に朝早くから試合へ出かけていきました。会場は下のSakuraが生まれた日に試合に出ていて緊急連絡、試合を始めて棄権した場所のRidgewood Lakeでした。このコース大嫌いですがここ何年もこのコースの試合は敬遠してきましたが自分のゲームがどのくらい変わって来ているのかを計る上でこの上ないシチュエーションだったので行って来ました。流石にコースが短く感じましたがこのコースのレイアウトがどうしても自分のゲームにSuitしません。あわせようとしても合わない。これって男と女の関係の様。マジですよこれは。絶対にSuitしないものはしないのです。タイガーがパインハーストで合わないように、、、ね。でも我慢していたのですよ。13番まで全部パー、14でボギー、プッツン。次も3ィーパンチボギー。なんで?プッツン?解りません。気温40度越え。日差しがんがん。16番の3ィ-パンチボギー。申し訳ございませんが夏のバミューダ皆さんもご経験あれぇ~!!って事で75回に。賞金は無いものと思いコースを後に。PCで結果をチェックすると参加費は全額帰って来る賞金額。あぁ~良かった。Miniツアーは賞金を貰い続ける事がどのくらい大変かは長くやっている人以外理解出来ないですからね。まぁ~今日は一生懸命やって3ボギーのNoバーディーでした。こんな日もあるのです。家に帰って来て今日の反省をして体には体罰として1時間15分の走り&チャリンコ。そして左肩がゴリゴリ言うのでしっかりリハビリ攻撃をかましておきました。でも明日からはまたリーマンです。くそぉ~、、、いい感じになるとシンデレラの様に現実に戻るのね。寂しいよぉ~。
c0038548_2042714.jpg

今日の一枚。16番のプリンシパルノーズ。校長先生の鼻ですね。佐賀県の若木CCにも有るけどこれが本家本元。ミュアヘッドさん?これが本物ですよ。では、、
[PR]
by takekoyama | 2005-07-27 12:03 | 試合 | Comments(21)

・・・バック・トゥ・ノーマル・・・

 普段の生活に戻っています。Upはしていませんがきっちり仕事をこなしたあとランチ、昼寝、そして練習、ジムワークときっちりスカットランドから帰って来ても続けてきました。少しカーボの取り過ぎかな?だってイギリスで食べられなかったのでついつい自宅でもご飯炊いてしまいました。くそぉ~。そして今日は月曜日。何時ものように試合に行ってきます。朝早くから家の掃除、洗濯、洗い物の処理(食器洗い機)。完全にこの2ヶ月で主夫になったたけぇ~でしたが本日この仕事から解放されます(午後7時半にオーランド着)。うれしい限りです。まぁ~子供達が居るのと居ないのではまったく生活スタイルが変わってしまうのですがそこがまた良いんですよね。時間に制限がある方が練習にも集中出来るんですよね。ゴルフ場に所属していた時は何時でも練習でき、何時でも試合に出て行くことが出来て、何時でも好きな時にお休みが取れたのですが今はしがない会社員。決められた時間を使っての練習や試合となりますから家族とのクオリティー・ファミリー・タイムを作れば時間はかなり限られるのですが、そこが良いところ。またこれからがんばっちゃいますよ。
 さぁ~試合に行ってきます。試合って言ったって1dayの小さな試合ですが今の自分に与えられている唯一の試合ですから全力で行ってきますね。ここの所勝ち負けも出来ていないので少し元気ないですが。練習でも球数の打ち込み不足は隠せない所。今週からはレンジでの時間を少し増やさないといけないような感じです。そうしてもこの暑さでレンジよりコースになってしまいますからね。QT(予選会)もまだぼやけています。気持ちの中ではUSと決めているのですがエントリーフォームは手元にありますよ。試合で良い結果が出てくれば間違いなく、、、、

 では、、、、本日の写真。
c0038548_20425657.jpg

最終日・仕事の後の一枚。こんなサインがメインスタンドの後ろにありました。開催中もこのサインは外される事なくここにあるのです。このコースは市民の広場がゴルフ場になったんですね。したがって試合開催中も試合後は犬の散歩をしている人がいるのですね。凄い。
[PR]
by takekoyama | 2005-07-25 20:41 | 試合 | Comments(27)

・・・聖地&ホーム・オブ・ゴルフ・・・

c0038548_2152527.jpg

 写真はそうです18番のスウィルカンブリッジですね。左手にはちゃんとグローブがそして日にちはそうですタイガーが勝った次ぎの日なんですね。これが。本来の予定ではこの日は仕事で使う資料集めでダンヒルリンクス選手権の開催地の一つ、カーヌスティーを散策する作戦でしたが何と!前日に同僚の一人が回れるけど?どうすると話しかけてきたのです。チャンスがある?しかも一人?でも一緒に行動しているもう一人がぁ~、、、でもこんなチャンスは絶対に無い。どうする?しかしこの同僚の心優しき気持ち。最高です。一緒にみんなで回れることに。スタート時間は7時40分。スタート小屋でチェックインしCaddyの手配。たけぇ~のCaddyは前日までイタリアのAmでモリナーリ選手のBaggを担いでいたスティーブがやってくれることに。一番は見た通りのホール、左サイドにしっかり打って残り70y。きっちりスウィルカンバーンにぶち込んでおきました。これも記念。ボギー発進。5番のロングは2オンでバーディー、9番はしっかり1オンでバディー。前半ー1でターン。10番も1オン。チャンピオンシップのTeeではないので可能か?40yほど前。しかし3パット。13番スリーパットでボギー、イーブンで向かえた17番はCaddyが絶対に右に打てと吠えるもロードバンカーに向きを取り発射。きっちり入れて脱出トライ。失敗。最悪のライ。18番FW方向に脱出、そこから寄らず入らずの完璧なセブン。最終はドライバーでぶっちり。グリーン左、Pinハイに。パターでイーグルトライ、バディーでフィニッシュ。結果は+2。いやぁ~Caddyの言うままに打って回っただけ。しかしパットのラインの読み方はちょっと怪しかったな。でもショットのライン取りや、FWへの落とし場所、距離のジャッジは最高でプラス風の方向の読みに関しても素晴らしかったですよ。道中の16番のプリンシパルノーズバンカー付近で以前からご挨拶したかった川田さんに遭遇し願い叶ってご挨拶が出来ました。これもゴルフガッドの思し召しか。最高の経験でしたね。回って感じた印象は、グラウンドの硬さ。グリーン上のコブの多さ。カップを切れる場所は限られてくる。フェスキューのラフはシャフトよりにあると最悪の状態になる。バンスがあるウエッジのショットは使えない。バンカーの砂はパウダー状態なので入ったら何も期待してはいけない。などなど。しかしやはり今回見ていても、Playしてみてもわかったことは、何も期待してはいけないと言う事。幸運も不運も受け止める事。自分のゴルフ心で深く受け止める事。”グッドラック・バッドラック・ブレイク・イーブン”は聖地にも存在したのでした。    ・・ 以上 ・・
[PR]
by takekoyama | 2005-07-22 13:17 | 仕事 | Comments(36)

・・・帰国いたしました。本日・・・

 無事帰国しましたのでご報告です。聖地・セントアンドリューズへの旅は最高のものになりました。ゴルフがどんなゲームなのか?やはりあの場所に行かなければ理解出来ない事を悟ったような気がします。でもそのゲームが本物だとか、偽りだとかはまったく関係は無い事も悟ったような気がします。リンクスのゴルフも、パークランドのゴルフもゴルフなのです。ただ局外者からの試練を素直に受け入れられないPlayerは間違いなくリンクスのゴルフには当てはまらない事は事実です。Pinに打っていけない苛立ち、そして悔しさ。サイドから、平らな所から、一番易しい所からのPinへの攻撃。どんなに長い距離を残しても確実にディフェンスをしながら攻撃できる所にボールを運ぶゴルフが出来ないと聖地ではゴルフは出来ないのです。

 いっぱい土産話あります。ゆっくり書きますね。今日のブログからまた皆さん全員にお返事書きますので、、、一杯コメントくださいね。では、、、疲れていますが庭の芝がぼうぼうなので刈ってきます。そしてジムのサウナでスカットランドのBeerを出してオーランドのBeerと入れ替えてきます。だって白いご飯食べたいのです。お許しを。

c0038548_1833867.jpg

最終日のこの写真から行きましょう。5人衆ですが2人だけ写真に収めました。キングスバーンズの写真を消してしまった様です、、、何故こんな事がぁ~、、トホホホ、、、(涙)
[PR]
by takekoyama | 2005-07-20 06:49 | ・・色々・・ | Comments(38)

・・・3日目・・・

 全英・3日目。今日も良い天気に恵まれ信じられない状態。人伝に聞いていたのは寒く、曇り空、一日の中に四季があるスカットランド、と聞いていたにもかかわらず好天続き。本当に信じられない。このセントアンドリューズのオールドコースは観戦する方には非常に見づらいホールが続く。また観戦用のスタジアムコースになれている自分達を悩ませる事になる。歩く量は他の試合の何倍も覚悟しなければならない。でもゴーイング・アウト、カミング・インを観戦しながらも味わえるのはやはりここオールドコースならではなのか。始めてこのコースと対面した時には何も感じなかったが日が経つにつれ何だかとんでもないものを見ている様な気持ちになって来た。それだけではない。やはりPlayerとしての自分の中にあるものがブツブツと音を立てて発酵し始めている様なのだ。何しろやって帰りたいのだが無理である。ゴルフとは?何なんだろうと考えさせられる。いくつものコブが、風が、地面の硬さがここまでゴルフに影響してくるものとは今まで考えなかったし、ここでのゴルフはまったく今までやってきたゴルフと違うものだと感じているのである。自然と大地を闘う相手にし、あとは、幸運にも喜ばず、不運にも怒らず、ただ我慢する者にご褒美としてグッドスコアが与えられるものと確信した。

 なんちゃってな感じで本当に文章も書きたくなる様な雰囲気ですよ。全英は。でもね、みんなぁ~聞いてよ。やっぱりBeerは美味しいよ。ご飯を食べたい。お腹いっぱいに。
c0038548_113591.jpg

[PR]
by takekoyama | 2005-07-17 01:08 | ・・色々・・ | Comments(15)

・・・聖地・・・

時間が有りませんが写真だけでもどうぞ。
c0038548_256104.jpg

[PR]
by takekoyama | 2005-07-16 02:56 | ・・色々・・ | Comments(4)

☆☆ 釧路湿原&北見オープン ☆☆

 もうこんな時期なんですね。今年の夏も試合に戻ります。レギュラーの試合は予選会に行っていないので勿論出場できませんし権利がありません。しかし日本の各地にはローカルの試合がたくさん有ります。北海道にはかなりの数の試合が存在するのです。今年も1週間で2試合。主催者側がうまく調整してくれました。たけぇ~の為にではないのですが最高のスケジュールなのです。北見では表彰式でお手伝いもしますよ、もう何年もお手伝いしていますが。そして今年は釧路湿原オープンにも参戦。ここでは横尾要選手にゴルフのお話をして頂くのですが聞き役がたけぇ~です。プロアマ戦の前にジュニアへのお話も有りますよ。詳細は、、、

<<<<<釧路湿原ゴルフトーナメント>>>>>

開催日程 8月11日(木) 大会指定練習日
       8月12日(金) 大会第1ラウンド
       8月13日(土) 大会決勝ラウンド
       8月14日(日) アマ・プロゴルフミーティング

賞金総額 900万円 優勝賞金200万円

大会会場 釧路カントリークラブ西コース

申し込み 大会事務局 プレイヤーズツアージャパン・03-3320-5605 まで

エントリーフィー 25000円 ツアー参加者にエアー・ホテルのパッケージあり指定ホテルよりシャトルバスも運行。申し込み締切り7月25日 申し込みはお早めに!


以上ですが、プロの方もドンドンエントリーしてください。アマチュアの方もどんどん参戦してください。生たけぇ~を見に来てください。すし石垣選手との漫才もあります。凄い面子だ。一緒にゴルフしましょう。意見もたくさんくださいね。
[PR]
by takekoyama | 2005-07-11 18:25 | 試合 | Comments(16)