takekoyama official blog

<   2006年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

・・・台風通過で秋がやって来る。秋と言えば、、、・・・

秋と言えばこの魚でしょ、、、、
フロリダでは食えない?そんな事は無い。韓国産、したがって日本海だろ。
今更、日本海の名前は変わらないからね。言ってみりゃー北陸産の秋刀魚だ。
鯖も丸々一匹を俺がさばいた。今度はMy包丁を紹介いたしましょう。
c0038548_1921866.jpg
まだ外は台風通過に伴いお天気不安定。
雷が早朝から鳴っている。昼過ぎ午後1時半までお仕事だからそれ以降はギョクを弾けるか?な。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-31 19:05 | Beer&Food | Comments(27)

・・・Oneday Windermere & 昔の仲間・・・

○△-----○- ○----○--○  68  -4   

stats
FW keep 13/14 92%
Greens in reg 15/18 83%
Putts 29putts (one 3punch)
Putts ave 1.73
per sav 3/3 100%
Bounceback 0/1 00%
sand sav 0/0 00%

なんて素晴らしいスタッツなんでしょ。でもパターがねぇ~死んでいますね。
何を使っても同じでしょうから、、技術ですね。目が悪くなっているのも理由の一つでしょ。
本を読んだり、PCやったり、原稿書いたりする時は眼鏡着用。ゴルフだけは裸眼。運転も。
日本で免許更新の時に、次回は眼鏡使用だな?なんて言われているので、、、怪しいね。目。
来月の半ばに完全眼ん玉チェックでDrのアポ取れています。チェックしてもらってきますね。
それが理由で入りだすなんて事が有ったら、、、嬉しいけどなぁ~。有りそうかな?
2番のスリーパット一発、ボギーのみ。ショットは昨日レッスン効いているようで、その部分を意識して回っていましたね。そうする事でスイングへの不安を強制意識でかき消していたようですが、パッティングに関しては昔のストローク(入っていた時の)をしようとするあまり、ライン&スピードが合いません。しかしグリーンが夏の終わりのパンチング(エアレーション)で穴だらけ。これではナイスパットも入らないのですね。スコアを提出しに行けば、最後から3組目の俺たちの前に上がったベストスコアが70が3人。したがって68は勝ち負けで後ろの組を待つ事に。しかし嫌な予感が、、その理由は、朝、会った昔の仲間。このおっさん達が何かしでかすはずと読んではいましたが。その顔、見てやってください。
c0038548_20593267.jpg
左・Greg・Hickman、中央・たけぇ~、右・Greg・Towne。やばいでしょ。この3人。18年前にこのコースでやっているんですよ、Mini Tourをね。しかしタイガーばかりが米ツアーじゃーないよね。上手い奴なんて一杯居るのよ、このおっさん達が日本に生まれていれば間違いなくシード選手だしね。下手打てば永久シード何て事も有るかも知れない。左のHickmanは長い間、米ツアー選手で94年あたりを最後にセミリタイヤしレストラン経営し大成功、その店を売ってチャンピオンズツアーに昨年挑戦。しかし日本人のおっさん達にスポットを奪われ通過ならず、しかし今年はマンデーまわりをしながら、アラン・ドイルのCaddyとしてやって来た人。右のGregは何回もこのブログには登場中の方ですから皆さんご存知でしょ。ティム・ペトロビックの先生ね。この人も長い間ツアーメンバーだったからね。小さい方のGregは多き方からすれば、ひよっこで昔は絶対にこの大きいGregには勝てなかったんだ。この他にも居たなぁ~。やばいのが。

って事で、、、、
この2人が最終組でシニア3人でまわっていた。嫌な予感は的中。ダブルGregが66で上がってきた。勝てないね、18年経っても大きいGregには勝てないや。いくら彼らに払ったか?解からない。エントリーFeeでいくら彼らに取られたか。悔しいがこの世界、喰うか?喰われるか?なんだよね。

でもまた解かったよ。
必ず帰ってくるよな、このフィールドに。ゴルフって悪魔の元に、、、、、
馬鹿なBouncebacker達は世界に一杯居るよ。
シニアを目差す者、レギュラーでもう一度と夢見る者、どちらもゴルフ馬鹿だな。
馬鹿な、無謀な?Bouncebacker達だ。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-30 21:13 | 試合 | Comments(16)

・・・丸々一日、体を動かした。燃えろ脂肪。・・・

0930・ジムへ、腹筋、肩筋を動かす、鉄上げ。
1015・カーディオ開始、1時間。
1145・練習場到着、先週から練習場を変えた。ShingleCreek
1210・レッスン開始、Brad・Brewerに始めて見て貰う。
1350・Akiでランチ。
1430・Golfsmithへパター探検隊として。
1545・Falconfireでギョクを更に弾く、そしてパター練習、パンツのゴム紐利用。
1800・カーディオ・テニス。炎天下1時間ばっちり動く、動く、動く。Sakuraも完璧。
1915・また芝刈り。でもこれは家の庭の芝刈り。みっちり1時間、農作業。
2015・シャワーへ、疲れがどっと出る。爺になった証拠。
2020・冷蔵庫へ直行。しかしBeerが無い、プッツン。食卓には旨そうな夕飯が。
2023・yokoさんと街のPubへ。生Beerを頂く。旨い。旨い。
2102・家に戻る。そして夕飯を食らう。Sakuraが宿題の件で怒られている。
2314・それ以降の記憶は朝まで無い、、、、就寝。

って事で・・・・
一日が試合が無くとも凄い事が理解出来るな。こんな調子で一日、一週間、一ヶ月、一年が過ぎて行くのだな。朝、時間があったので過去のログを読んでいたが、やっぱり忙しかったな。でも心地よい疲れなんだよね。この位忙しいと。自分の仕事の仕込だから嬉しさもある、疲れなんだよな。良いぞ、この感じ、残りの数ヶ月をこの様に集中出来れば良いぞ。

Brad・Brewerにスイングを見てもらった。彼は某ゴルフ専門局の宣伝でも出てくる人。昔から彼は知っていた、北フロリダPGAのセクションイベントでも一緒になった事があるし、ハワイで一緒にUS・OPENの予選にも出た事があるからね。たけぇ~のスイングの師匠、Rina・Ritsonは今、ミシガンに居て11月まで帰って来ない。先日、電話で話をしたが自分の息子、Craiveを紹介してきたが彼をしっているたけぇ~はちょっと引いて、お断りし、11月まで我慢する事を決めた。QTまで約一ヶ月半、スイングをする量を増やしたいので練習場を変えた。会社から5分、家から10分でちょうど中間点で、ジムもこの間に入る、ダンゴ3箇所状態だ。これなら時間が最大限に使えるな。今まで仕事がはねるとランチは家で喰って少し休憩が入ったが、仕事がはねたらそのまま軽い食事でレンジへ直行出来る、通り道だからね。この作戦は半ば強制的にレンジへ向かわせる作戦だ。42歳でロープ内へ挑戦するリーマンはこのくらいの作戦が必要だろからな。その彼がいるのがShinglecreekだ。レッスンは1時間だったが長くなった。1時間半。ビデオを見ながらゆっくり進んだ。内容は企業秘密だから言わない。教えない。プロがプロから教えを貰うものは財産だからだ。お金を払ってレッスンを受ける、当たり前。プロだってレッスンにはお金を払う。勘違いしている人が多いようなので。

c0038548_20241723.jpg
右・585H・19度&左・906F・15度。Caddybagの牢名主だったPRGR・C3を追い出しそうなこの男。これが定位置に入ると14本のうち13本はTitになる事に。14本じゃー?只今、浮気中です、パター君。誰に?そん野暮な事、聞ぃ~ちゃ~いけませんぜ、旦那。ちょこっと見えているじゃん?まずいな、この写真。

そんじゃー試合に行って来ますよ。前回は64回だったでしょ、あのコース。
パターが少し良くなってくれる事を期待してね。このパター叩き3戦目だから。そろそろ。

Brad・Brewer
http://www.bradbrewer.com/page_programs_instructors.htm
[PR]
by takekoyama | 2006-08-29 20:31 | ・・色々・・ | Comments(18)

・・・Grenelefe 南・・・

--▲▲-△-○○ --------- 74  +3   

stats
FW keep 7/14 50%
Greens in reg 10/18 55%
Putts 28putts (none 3punch)
Putts ave 1,80
per sav 5/8 62%
Bounceback 0/3 00%
sand sav 0/0 00%

ファンが居たら、、、サインも、トークも、笑いも、、、、無かったな。きっと。
でもブログは有りだ。双方間だから、、、、ね。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-28 09:39 | 試合 | Comments(27)

・・昔、お世話になった人・・

自分の人生を後押ししてくれた人、助けてくれた人、考えてくれた人、、、
俺にはたくさんの方々居る。そんな人から昨日、メールを貰った。
こちらもちょっとした事でその方にお電話差し上げるところだった。
良い話が出来た。とっても前向きな良い話が出来た。
色々な人が俺の周りには居るんだ。その人たちに支えられてここまで来た。
ゴルフ界は狭い、小さい。何処かで必ずその人たちの名前を聞く事になるし、
これからも聞く事だろう。前向きに、何かが変わる時、決して自分たちがやって来た事は、
10年後、20年後のゴルフ界の為に成っていたな、なんて笑って酒が呑める様な気がする。
ちなみに、そのお世話になった人は、90歳までにはまだ30年以上有るらしい。
嬉しいじゃーないか。まだそんなに時間が有るなんて、この人をもう一度この世界に、、
引っ張り出しても損はしないぞ!ゴルフ界。

よぉ~く、耳をかっぽじって、聞け。
Playerだけがこの世界を盛り上げてるんじゃーない。その回りにはこの世界を本気で考えている人たちがたくさん居るんだ。しかし残念ながらその中にも不良は少し入っちまっている。でもこれからはこの世界を本気で支える人間しか残らない事を考えて行動するように。応援しに来ている人に時間を割くのは当たり前、そしてサインするのも当たり前、良いパフォーマンスするのも当たり前だ。ギャラリーの前で”みんなのゴルフ”なんかやっている選手は直ちにフィールドから去れ。今、JGTOの選手達がやっているファンサービスはやって当たり前なんだぞ、間違えてはいけない。人前でPlayする事は、責任を持つ事。それはフィールド内すべてにおいて。
全て自分に言い聞かせました。ハイ。
これは私の独り言です。


追伸
N・Hさま
ブラッド・ブリューワーに会いました。
昨日からそこで練習し始めました。宜しくとの事です。
後で彼のメールアドレスをお送りいたします。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-26 21:24 | ・・色々・・ | Comments(22)

・・・待ったな、新しい仲間。・・・

昨年のディズニーで曲げてもらった3W。それからは我慢出来る最低のラインで使って来た。しかし、最近の試合(64をマークした試合)でボギーが出たのも3Wの構えた感じの座りの悪さだった。そこで日本のメーカー、米国のツアー担当・Kくんから使ってみませんか?と以前から言われていたので一本作ってもらう事にした。その日ちょうど今使っているタイトのツアー担当・ダグからそろそろ用意出来ますよ、3W。って事で送ってもらった。先に着いたのはタイトになった。この3Wを始めて見たのは昨年の秋の陣@Disneyでの事。俺の手に来るまで丸一年かな?長いね。皆さんの手にももう既に入って来るはず、良いか悪いかは今日打ちますので明日のブログでUpいたしましょう。
c0038548_20293616.jpg
c0038548_20294411.jpg

見た感じだけでフェース高が低くなった感じ。薄くなったように見える。これで少し球が上がる感じがするけどどうか?そしてフェースのスコアラインが真っ直ぐ、横にだけになったのが良い感じ。プラスヘッドの色が黒くなった。シャープに見える、小さく感じるんだよね、これも良いかもね。まぁ~一番の売りのソールだけどプロは球をシェープして打つからソールでもフェースサイドしか気にしないよね。台形のフェース面が今の支流だけどこのヘッドも同じ。904の最高の売りは打感だったはずなのでこの906がその打感を残しているのか?気になるなぁ~。今から会社なんだけどその前に打って行きたいほどだ。13度も入っていたけど?使えないでしょうね、きっと。

さて、、、惑星。
水、金、地、火、木、土、天、海、冥・・・・
冥が無くなった。発見した方の奥様・パトリシアさんがまだ生きている。
その奥様のコメントは最高だった。
コメントで生きている俺はどんな分野の人でも、玄人でも、素人でも関係なくコメントには神経を集中して聞くようにしている。彼女から凄いコメントが出た。嬉しくなった。
電話でインタビューした質問の内容は、冥王星が惑星でなくなりました・・・・
”彼は理解している、天文学は進化し続けている事を・・・・”
この時に彼女が使った、~~goes on 、、、、、良いよね。
やっぱり、すげぇ~や。すげぇ~天文学者がすげぇ~けど、その奥方もやっぱりすげぇ~や、宇宙よりでっかい心を持っていやがったな。びっくり・ばあさんだったな。
今日は朝から気持ちが良いぞ。万歳、天文学。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-25 20:44 | 商売道具 | Comments(16)

・・・この人、運転中・・・

この人、只今15歳。今年の秋には16歳。
しかし既に仮免。運転中。
車社会の米国。車が無ければ学校にも、部活動にも行けないよな。
運転中の人が今年、日本滞在中に一言ぽろっと本音を吐いた。
”日本は凄い国だよね、移動手段が凄い。車なんて運転したくないし。”
まぁ~違う国に行けば、違う生活様式や違う社会が存在する。それを理解出来る年頃になって来たんだと痛感したな。こうやって運転している姿を見て、横に座っていると米国での18年間の中でこの娘は人生のほぼ100%をこの国で生きているんだってね。日本への強制送還は出来ないな。こんなアメリカンな日本人はいないから。運転免許もアメリカンだから。この人が運転出来るまでのプロセスは日本とは比べ物にならない。PCでの学科講習のみで仮免。このまま1年間、無事故、無違反で本免許を頂ける。かかるお金は?1万円要らない。俺は20万かかったな。
c0038548_19413511.jpg
楽しんで運転しているよ、部活動の帰り道。しかし隣に乗るのは怖いね。サイドブレーキ握りっぱなし。学校の成績が良い子は保険料もお安くなりますので、、Kemiちゃん?お勉強はしっかりやってくださいよ。こんな事も米国だよね、頭が悪い子は事故を起す確立が高いから。じゃー?俺は、、、やったよね、事故。最近。そうだったんだなぁ~。運転は安全に。


って事で、
今、米ツアーにスポット参戦中の宮里優作選手と電話で話した。ってコーチのMitsu・青山氏と話をしたら優作が付いて来た。グリコのおまけみたいに。元気だったなぁ~、チーム青山で近ちゃんが日本プロのタイトル持って行ったから、優作は焦っているかな?なんて思ったけど全然平気。流石だね。今年はこれから連勝するって言っていたな。毎晩、丸ちゃん主催のスタバ会議で盛り上がっているらしい。俺も参加したいなぁ~スタバ会議。丸ちゃんもかなり良い感じになっているらしいしね。この辺で一発?有るかもしれない。楽しみな一週間だね。ブリジストンはどうせタイガーが勝つんだから、、、でもスポンサーやっても日本からは違うメーカーの高橋竜彦だしね、BSさんは残念だなぁ~。Mitsu・青山氏とは長い間電話で話したよ。色々ね。楽しみな事が起こると良いね、日本ツアーも。でっかく変わるよ、日本ツアー。後退はしない。今からが巻き返しだ。いけぇ~JGTO。
俺は太平洋を越えた反対側から応援する。そろそろだな。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-24 20:02 | ・・色々・・ | Comments(33)

・・RockSprings Ridge Oneday・・

--△-○○--- △-△-△-○-△  74  +2  

stats
FW keep 11/14 78%
Greens in reg 11/18 61%
Putts 31putts (Two 3punch)
Putts ave 1,90
per sav 2/7 28%
Bounceback 0/4 00%
sand sav 0/0 00%

試合。出るだけならやらない方が良い。お金を稼ぐだけなら、このMoonlight Tourは試合じゃーない。しかし、自分自身に何か求める事があり、実践で使いたいもの、そしてまた試合で確かめたいものがあるかどうかの問題だ。NECチャンピンオンのフルトン・アレム、日本プロ・Champ・Tomo近藤、パチョレック・シーハン、ダロン・スタイルズ、なんか何か確かめたい事が有るから、何か試合で確かめたいから出て来ているんだろうから。練習場でギョクを打っても屁の役にも立たないと昔は思っていた、しかし両方が両立出来なければゴルフは成り立たない。年間30試合・4日間を持っている選手はオープンウィークはギョクを打つ事をすすめるし自分でもそれをするだろう。しかし今の自分の状態なら両立が望ましい筈だ。週の休み2日間を試合に当て、練習は仕事がはねた夕方から、十分な練習は出来ている。あとは自分が何が必要で何が要らないものなのか?これを見つけられれば楽しみな今年の秋になる筈なんだ。それを見つける事があと一ヶ月以内に見つけられるか?

自分を見つめなおす事、遠い場所から自分の姿を見る事。
君には何が足りないのか?どうすればもっと階段をあがって行けるのか?
自分で自分の姿を見つめなおしてみようか?少しな。
c0038548_2039119.jpg
本文と写真は関係有りません。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-23 20:41 | 試合 | Comments(26)

・・Forest Lake Oneday・・

---△---○○ ○--○○--△△  70 -2 

stats
FW keep 9/14 64%
Greens in reg 14/18 77%
Putts 31putts (One 3punch)
Putts ave 1,78
per sav 2/4 50%
Bounceback 0/2 00%
sand sav 1/2 50%

ゴルフの内容はここに出ているスッタツでは理解出来ません。
内容は数字には表れません。今の自分のゴルフはこの数字以上に良いのです。
でもスコアには成って行かない。最後のボギー2つは懺悔です。
意味は有りますがここでは書きません。
ゴルフガッドにごめんなさいと誤りました。
今日は懺悔ゴルフで闘います。
コース内で暴れるのはやめましょう。大人のゴルフだ。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-22 19:10 | 試合 | Comments(16)

・・強すぎ、タイガー。ちょっとどうにもならないね。・・

どうにもならない。
最初から見れましたか?皆さん。ゴルフは1番ホールから始まっているのですよ。
ほとんどの勝負は前半で決着。勿論、サンデーバックナイン何て言いますが、逃げる事が出来るなら逃げたいのが人情ってもんですよ。タイガーを逃がしてしまったルークの責任は大きいですね。前半ルークが2つで良いのから取っていれば、マキール、ガルシア、そしてメジャーカナディアンのウイアがやってくれていたかもしれませんね。

しかし、全ては4番のルークのTeeshot。FWど真ん中のボールが、、、、ディポット跡へ。
そこからのショットは完璧にコンタクト。しかし無常にも打ったボールが深過ぎたディポットの壁に当たりボールは距離が出ずボギー。この流れのまま5番パー5のバーディーパット2m弱。綺麗に外し終了だった。タイガーはこの5番で2つ目のバーディー。3W&3Iで2オンだった。パワー&コントロール。これをタイガーにされたら勝てない。ベン・ホーガンだろうが、ボビー・ジョーンズ、二クラス、パーマーだろうが全盛期のPlayerでも勝てないな。

今年のPGAは面白くなかった?面白かったと聞かれれば、面白くなかったと言うしかない。
コースのセッティングが他のメジャーに比べると易し過ぎた。
天候には勝てないと言う輩も出てくるだろうがコースを守り過ぎたかな?優勝が18、2桁以上のスコアがあんなにあるメジャーは久し振りだものね。びっくり。これは年に一回しかメジャー、いやツアープロを対象としてコースセッティングをしないPGA of Americaが現代、近代のトーナメントが凄い速さで進んでいる事を学ぶ姿勢を見せないと来年もこの様なスコアが優勝になっちまうのかも知れない。PGAツア-のオフィシャルは笑っているかもしれないね。これは単なる俺の予想だよ、でも機会があったらジョン・シュレーター(ツアーオフィシャルで友人)に聞いてみよう。

最終日。やっとグリーンがメジャーの速さになって来たが、硬さはそのまま。ショットはFWから打てば戻るし、止まる。ラフからもウエッジは止まっていた。しかしルークはピンへは打てなかった。ピンハイへ飛ぶショットが少なくなってしまった。そしてコーナーに切ってあるピンへダイレクトに打てなくなってしまった。長いバーディーパットだけ。これでは入らない。長すぎる。では?どうしてなのか?これは俺の見解だけど、天気が良くなってグリーンがshiny(光って)見えていたんだろうって。Looks早くて、硬そうに見えてしまったのか?ボギーを打ってスコアを落としたくないと言う気持ちがそうさせたのかも知れない。

ゴルフは心との勝負。彼は完全に9年間住んだ地元の天候に負けていたのかもしれない。生まれ育った、イングランドの鉛色の空があったなら、初日、2日目の曇り空があったなら、彼のショットへの不安は晴れていたのかもしれない。そして最終日の4番・FWのディポットが無かったらと思うと、ゴルフとは最後には己との戦いであって決して敵は、コースでもなければ、プレーヤーではない事をこの試合は教えてくれた気がする。

まぁ~今年のメジャーは全て終了。タイガーが強い事がまた再確認させられただけで終わった。しかしスイングについてははっきり言っておこうね。他の選手が真似したって全然駄目って事。あのスイングじゃー飛ばないから。あれだけフェースを目標から逸らさず振ったら飛ばなくなるから。距離的には1クラブ、いや2クラブは違ってくるかもしれない。勿論、俺だって試合で使う打ち方。でも距離的には断然、落ちる訳で6番のフルスイングで行けるのなら、態々4番のタイガー打ちはしない。その辺りがタイガーの強さなんだろうな。彼の身体能力の高さ、そして勤勉さ、努力には、完敗だ。最終日のTVの解説陣、全員が口を揃えてこう言った。
”タイガーが俺たちの時代にいたら、プロゴルファーにはならなかった”ってね。

今週も試合から始まります。行って来ます。では、、、、
俺はタイガーにはなれないし、ならない。でも・・・・つめの垢は呑むよ。
[PR]
by takekoyama | 2006-08-21 19:57 | ・・色々・・ | Comments(26)