takekoyama official blog

<   2008年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Quest One's@中神

c0038548_14572863.jpg

日本で1番信用出来る、クラブクラフトマン。
中村博。

所属プロの山下プロ、
店長のマッスル・小形さん。
(写真左から、小形さん、山下プロ、中村の親父さん)

HPもあるので、、、Quest One’s

中村の親父さんは、俺が研修生の頃からのお付き合いさせて貰っている人。米国の本格的なクラブリペアマン。この職人になったきっかけも米国のゴルフ場に出入りしていたのがきっかけらしい。ハイカラなおやじなのだ。丁寧な仕事はマジでビビりますよ。任せた方が良いに決まっている。一度、会って話を聞いた方が良いよ、親父の話。
[PR]
by takekoyama | 2008-08-29 14:57 | 仕事 | Comments(14)

・・道南オープン最終日@樽前CC~千歳空港・・

第35回とまみん杯道南オープンゴルフ選手権
最終日@樽前カントリークラブ

――△―△―まる―― ―△―△―――まる― 74回 Total・149・15位

いやぁ~長かった、ラフもコースも。しかし、北海道の名門はかなりやっているけど、ここ樽前は本気で良いコースだと思う。素晴らしいコースだね。今回、Goodスコアを叩き出す事は出来なかったけど、すげぇ~良い思いをさせて貰ったよ。今度は必ず、良い天気の中で、良い仲間と、このコースでやりたいね。絶対にこのコースにカートパスが出来ない事を願っているけど、俺はオーナーじゃーないし、メンバーでもないから何も言えないな。しかし、このコースを買った人が何も感じないままカートパスを作ってしまう事は歴史までも変えてしまう事になるんだよな。でも買われると言う事はそう言う事でも資本主義では有りなのかもしれない。

朝一番、Teeに到着。今日のパートナーは、府中の暴れん坊・高木克仁あにき&栃木の怖い顔だけど優しいあにきの崎山武志あにきの2人と一緒。しかし、こんな事もあるんだよね、いちばん歳が若いのが俺なのだ。崎山の兄貴が2つ上、高木の兄貴は1つ上。最近ではどの試合に行っても俺が一番上のケースがほとんどで何だか昔の研修会を思い出したな。一番ホールを弾いて出て行くと、北海道Openで応援に付いてくれたご夫婦がまたも雨の中を歩いてくれているのを、発見した。凄い歩きづらい、ラフを応援で歩いていくれているのだ。今日は気合いが入った。って言っても何時も気合は入っている。傘を開いたり、閉じたり。横殴りの霧雨は本当にやっているPlayerなら良いけど見ている人は大変な苦労だったに違いない。

最終ホール終了後、ご夫妻ににもご挨拶。道具を片づけて上のレストランでお話をして頂く事になった。その時に頂いた、お土産がこれ。
c0038548_1951433.jpg
京都・山田製油のへんこシリーズ。
HPはこちらですよ。


このご夫妻の旦那様は、やまだのおろちさんだったのだ。レストランでいろいろお話しさせて貰ったし、聞いて貰った。応援ありがとうございました。お土産もありがとうございます。大切な事も忘れた。何時もは応援に付いてくれた人には御馳走するのに、逆にやまだのおろちさんの勧め?いや俺の勧めのBeerを御馳走になってしまった。ごちそうさまでした。

って事で、、、只今、飛行機の搭乗時間をラウンジ@Sakuraで、、、、
我が家の長女、次女、そして、三女のひまわりにもお土産を買いました。
では、、、東京で。
[PR]
by takekoyama | 2008-08-28 19:57 | 試合 | Comments(8)

・・道南オープンDay1@樽前カントリークラブ・・

Day1
樽前カントリークラブ・7251y・par72
―――――――△― ―△―△―△――まる 75 +3

晴れても長いこのコース、長かったぁ~。最近、長いなぁ~って感じるコースが日本に無かったが、あったよ、北海道に。しかも本当に良いコースですな。デザインも良い。バンカーの配置もレイアウトも申し分なし。ただし、広すぎる。曲った時のペナルティーが少な過ぎる。でもOBラインはまったくなく、実に広々としていて北海道はでっかいどう!ってな感じを出し捲っているのだ。グリーンの形状、向きを変えるだけで、グット難易度が上がると思うよ。横に広いグリーンが多くなった最近の形状だけど、FWの広いコースには縦長の細いグリーンがあった方が良い。

なんて長く書いたけど、雨が降って、風が吹いて、長いのにさらに長くなった。まぁ~ホームページがあるのでそっちを見てね。あと、このコースもアコーディア社が10月から、、、らしい。凄いよね。最近、買い付けているコースには理由があるようですな。ひとランク上の、ふたランク上のコースを買っているように思えるのです。業界の再編成という意味で、カジュアルなアメリカンゴルフ、紳士なクラブライフの英国スタイル&日本独特のゴルフ会員権スタイル、なんてね。まぁ~GSの本体は今後もどうなるのか?気になるところだけど、買い付けている値段は嘘のような値段ですが、それが正しい値段でもあるのです。最近のコースの売値は高くて6~8憶でしょう。安いものなら1億はいらない。そのくらい、ゴルフ場経営には魅力はないのだ。まぁ~何時もアメリカンなゴルフ場でやっている人は、一度は名門と言われる、日本独特のゴルフ場へどうぞ。

って事で、道南オープン@樽前カントリークラブのHPに成績表がありますので、、、
http://www.tarumae-cc.jp/

じゃーね。終わったら、最終便で東京です。
明日は、その名門に行きます。
[PR]
by takekoyama | 2008-08-28 05:51 | 試合 | Comments(6)

道南オープン@樽前

c0038548_9434068.jpg

北海道シリーズ最終かな。
[PR]
by takekoyama | 2008-08-26 09:43 | 仕事 | Comments(12)

・・月曜日の朝・・

おはようございます。
今日からSakuraの学校は始まりました、2学期の始業式ですね。部活は無いとの事で早めに帰って来るでしょうか?ね。上のAkemiさんの学校はまだ始まりません。この差は何なんでしょうか?私立と公立。どちらが良いとか、悪いとかは関係ないのですが、宿題の量と授業時間の量は全く違います。どちらがどちらと言いませんがこの差は凄いのです。ゆとり教育と言いだした90年代から今はまた詰め込み教育に目が向けられているのでしょうか。

さて、私も昨日、大雨の箱根からゴルフもせずにさっさと帰って来ました。帰りの東名高速は大雨で大井松田付近で速度規制50km、ゆっくり帰って来ましたよ。帰って来てからは、GreenJacketの放送作家・馬場さんに脅かされたPCウイルスの話で速攻で、Yokoさんに買いに行かせたウイルスバスターの更新をして、今日から大学院が始まるのでそのお勉強に精を出しました。

本日、夏季自主ゼミ・最終回で発表があるのです。朝一番で起きた時からPCと正面衝突のまま4時間が過ぎました。その間、日本プロゴルフの歴史を振り返ったり、米国、欧州のプロゴルフを振り返ったりしていました。凄いですね、この研究は。プロゴルフの歴史は、欧米から始まったと言っても過言ではありません。その中で興行としてのプロゴルフとゴルフクラブで働くプロゴルフが分離して行く動きはプロゴルフ先進国では必ず見られる光景を発見しました。米国の分離は約40年前、欧州は約20年、日本は約10年と言ったところでしょうか。しかし、今でも分業が上手くいかない日本がプロゴルフの低迷期を長く続けている現状は否めないのです。どうして?上手くいかないのでしょうか。この現実の明確化と手法を論陣に変える事が出来れば、読める力のあるプロゴルファーさえいてくれればと思うこの頃です。今のアメリカは、プロゴルファーのディーン・ビーマンが初期化に成功させ、後継者のティム・フィンチェムが完成させましたね。しかしこれから米国が日本のバブル崩壊後の低迷期にさまよう状況と同じに変化して行くのか?それに付随するゴルフメディアがどう変化して行くのか?興味深深ですな。

今年のライダーカップは米国・PGA主催なのに、欧州ツアー放送権を握るゴルフチャンネルが放送しますね、楽しみですな。欧州サイド出場選手の情報量は欧州ツアーを独占的に放送してういるゴルフチャンネル解説陣&アナウンサー陣にはかなわないでしょうから。ただし米国サイド出場選手はゴルフネットワークと言うことになるんでしょうけどね。この辺りがプロゴルフを普及させる為にメディアへのコラボがあれば、もっと有効的になるのでしょうが。ちなみに我が家のスカパーは両チャンネル聴視聴できますよ。って事で、KLMオープンでダレン・クラークが優勝、そしてライダーカップのメンバー入りに名乗りを上げましたね。自力での選手選出はどうなの?って所だけど、キャプテンピックも今年は難しいだろうな。でもこのキャプテン(ファルド)駄目だろうな。唯一、欧州が負けるとすれば、、、。選手選出も佳境に入りましたよ、目が離せませんな。

おっと・・・・さぼりすぎました。
勉学に戻ります。では、、、、今晩は学友と加賀屋@早稲田かな。
平田せんせにも加賀屋に参戦してもらおっと。
[PR]
by takekoyama | 2008-08-25 10:06 | ・・色々・・ | Comments(8)

箱根湖畔

c0038548_1353626.jpg

[PR]
by takekoyama | 2008-08-23 13:05 | 仕事 | Comments(4)

誕生日おめでとう!

c0038548_4522173.jpg

ディレクターの小川さんです。
46回目の誕生日。
今日も、ホットなナンバーをかけまくる!
よろぴくね、、、、、
[PR]
by takekoyama | 2008-08-23 04:52 | 仕事 | Comments(2)

・・ジュニア、ゴルファー育成の難しさ。・・

タイトルのジュニア、ここでゴルファーと分別しているのは、少し自分の考えと、ジュニア育成の考えにギャップがあるからタイトルを簡単に、ジュニア育成としなかった。ジュニアキャンプには数回参加しているし、ヘッドプロが違ういくつもの団体を見て来ている。勿論、米国も含め、中国のゴルフ競技ジュニア合宿も見ている。今回は、社団法人・仙台青年会議所(JCI)のイベントで初めてゴルフクラブを握る子供から、競技会にも参戦したことのある子供まで様々だった。我が家の子供たちはゴルフはしないが、していればまた、見る目が違うものになったに違いない。

初日、午後2時半から泉国際のドライビングレンジ&パッティンググリーンを使ってのレッスン。タケが担当したのは小学校高学年&中学生の男女9人。経験者だ。勿論、この9人の中には競技会に参加している子供が約半分の5人はいたはず。これから間違いなく参加する子供がその残りだろうか?スイングには一切手を付けずに2時間たっぷり楽しんだ。

夜は、合宿所の青年の家。ここで子供たちが作ってくれた夕飯を頂く。カレーライス&焼き芋。うまい、子供たちと一緒に喰った。そしてゲーム大会。トークショウ&質疑応答は野上貴夫と宮里聖志が担当した。

翌日は先日の日記にある写真の4人の中学女子と試合形式のラウンドをこなした。成績は我がチーム3人が、1位から3位までを独占した。っっと言っても私は何もしていない。ルール上の問題とペースだけを話しかけるだけ。スイングや打ち方なども極力手助けは無しで行った。まぁ~必要が無かったが正しいのかも知れない。

今回のジュニアキャンプ最後のイベント、表彰式では総括と感想を話す事になった。話した内容は、自分のジュニア時代の話を少しと、何故?この様な会が開催されているかを話した。JC(青年会議所)の方とこのお話の前に確認させて頂いた事を、ここで話した。決してプロを養成する様な会では無い事、ジュニアが成長する際にゴルフ通じて社会で守るべきマナーや人間の持つ最低限の行動を覚えて欲しいという事。そして大人になった時に、この地域のゴルファーに育ち、この会場でもあるゴルフ倶楽部や近隣のゴルフ場のメンバーとなって地域スポーツの牽引者になって貰いたいという内容で話をさせて貰った。最後には、”決して慌てる事なく、技術向上を目指してほしい、ゴルフは生涯スポーツなので自分がもしプロになるとしてもピークをどの時期に持って来るかで考えてほしい、決して慌てない。”っと話をしてしめた。

タケがジュニアの頃にはこの様な地域スポーツの振興事業は無かった。今の時代、子供たちが自分たちでやりたい事を学ぶ力もいらない時代なのか?スポーツの種類も多くなった。野球だけの時代から、サッカー、ラグビーへと成長した日本のスポーツが、地域スポーツ、地域スポーツクラブの中で、サッカー&ゴルフのコラボは有り得る話かもしれない。そして、そのゴルファーたちが作る試合で日本中をまわれるならば日本ツアーは、1都1道2府43県で試合が出来るな。そんなジュニアも育成出来たら楽しいだろうな。勿論、プロだって試合に出る人間だけの育成ではいけないのだから。だってシード選手で賞金総額が2千万行かないプロ稼業は魅力ないからな。まぁ~集まった57人の子供たちの眼はは輝いていました。この中から日本国総理大臣になる子供も居たのかも知れない。
[PR]
by takekoyama | 2008-08-22 07:38 | 仕事 | Comments(4)

未来のLPGA ・メンバーズ

c0038548_10391292.jpg

試合です。
セルフラウンドで。
私も。
[PR]
by takekoyama | 2008-08-20 10:39 | 仕事 | Comments(7)

質問コーナー

c0038548_20292994.jpg

[PR]
by takekoyama | 2008-08-19 20:29 | 仕事 | Comments(4)