人気ブログランキング |

takekoyama official blog

・・・今日は書きますよ、本音を・・・

 オリンピックを見ていて、そして上の娘のクラブ活動を見ていて感じる事を書いてみようかな。今から試合に行くんだけど時間は1時間ほど有るしね。たっぷり。書きたいね。校正も無いしね自分のブログだと。助詞の使い方が間違っていてもOKだし、他の人には手が加えられないから。
 ジャパンオリムピックチームの若手が楽しめるように、楽しんでやって来ますってな言葉を多く発して出掛けて行きましたね。でもそれでも彼らは、彼女らは日本No-1クラスの面々ですから何が大切なのか?解っているはずです。でもそれをTVで見ている若者達はそこまで行った事がない。楽しいだけでそこまで行けると感じているかもしれない。さらに、その言葉を発したチームジャパンの面々も世界の壁を見て今は楽しくなっかたはず。その競技を始めた頃に戻っているはずなのです。そうやってその階段の、その位置での楽しみ方を覚えるのでしょうね。しかし楽しいうちは絶対にその上にはいけないと言うこと。俺の話しで言えば、ミニツアーは楽しくてしょうがない。好きなゴルフでお金も入ってくるし、勝ち負けが出来る。楽しく、自分のプレーさえ出来れば安泰なのですね。でもその上を目指すと成れば苦しい、お金もかかる、プラスこの生活も捨てざるをえない。これは楽しめますか?楽しめるわけないのです。チームジャパンの面々も何度も冬季オリムピックを経験して勝ち負けが出来るような選手が、”今度は楽しめるように・・・”ってなコメントはありでしょうが、初めてその土俵に上がるのにこのコメントはないでしょう。冗談は海援隊の歌だけで十分です。
 そんな事を感じていた最中にこんな事件が起きたのです。昨日のランチタイム、上の娘・Kemiと食事中、急に彼女に質問したのです。

”お前のテニス部入部のトライアルどうした?落ちたんだろう。来年も入りたい気持ちは?変わらないのか?”
”うん。入りたい。練習しているよ。”
”お前な、お前がレッスン受けているテニスは週2回。それで上手くなれるか?冗談じゃぁ~ない”
”???”

 これ以上は書きませんが、この位の歳もお子様をお持ちの方はおわかりになりますね。1時間ほど説教が続きましたが理解は出来ていないでしょう。この国・米国のクラブ活動にはトライアルがあります。ある程度その競技が出来ないと入部できません。彼女は生後8ヶ月から水に入っているのです、生まれながらのスイミングマシーンなのです。中学時代から高校の水泳部に乱入入部出来ているのです。そんな彼女には入部する事の大変さは解っていないのです。苦労はなし。ただ子供の時から泳ぐ事は好きではなかったと、この説教の時に彼女の口から聞いたのです。勿論、知っていましたよ。泳ぎたくない事は。でも彼女が高校の水泳部に入って先輩達よりも早く泳げる、チームでも重要なポジションにいる事を知ると、楽しくなるのです。これが楽しむって事。なんですね。でもその上を目指すと成ると苦しくなる。楽しくなんかないのです。ジムワークも同じ、ゴルフの練習も同じ。上を目指すなら楽しみは無い。でも上で勝てれば楽しいのです。

 これはおれ自身にも言い聞かせたくて書きました。上にはまだ見ぬ楽しい事が一杯あるのです。絶対に有る。丸や竜二、秀なんかが楽しく見える、それはそれで正解。しかし上がっていった人間には必ず苦しかった事や人に言えない事がたくさん有るんだって事を今の若ぇ~奴等には知ってもらいたい。俺にも言っているんだよ。なぁ~解ったか?たけぇ~よ。だから上を目指しましょう。苦しみましょうね。たけぇ~ちゃん。って事で楽しいミニツアーに出掛けますのですみません。

楽しんで来ます。勝ち負けは苦しいですが、その緊張感を楽しめるように。
by takekoyama | 2006-02-20 22:03 | ・・色々・・