人気ブログランキング |

takekoyama official blog

・・・PGA Champ 最終日・・・

メダイナ。
良いコースですが、、、改造は失敗だった。
これは俺の感想ですよ。
長さが逆にso so ロングヒッターを楽にTeeshotを打たせてしまうようになってしまった。
昔のレングスなら何かを考えさせて打たせていたのに。
ドッグレッグが完全に消えてしまった。
しかしタイガー&ミケルソンの距離には、少しノースウエストの名門の影は残しているが。

さて、、、最終日決戦前のすっばらしい朝だ。天気もOK。気温は上がらない。
最高の決戦日だ。
迎え撃つのは若きイングランダー・貴公子ドナルド。
本命・王者はタイガー・ウッズ。
良い試合になる事は、世界一の歌う解説者が保障しましょう。
やわらかいFWは、タイガー。
やわらかいGreenは、ルーク。
2日間晴れ、グリーンが硬くなれば、タイガー。(何も仕掛けなければだが・・・)
第二の故郷、地元・ホームゲームは、ルーク。(大学生活を含め9年目に・・・)
ここまでは外部的要素だ。調べれば誰でも出来るな、解説業。コメンテーターで十分。
しかし、スイングとコースの相性まで重ねていくしかないが、米国TVサイドは、ピーター・コステスが良い解説をしている。丁寧で、細かく、現代のクラブでのボールストライキングの変化などすっばらしい解説だ。流石に歌は歌ってくれない。歌うのはゲーリー・マッコウドだけだがな。

そこでたけぇ~が本気で最終日の解説すると、、、、
スイングの出来上がりは間違いなくルークの方が良い。リリースがしっかり出来ている事が一番大きい。リリース、これはクラブが開いて閉じての動きなんだけど、腕がたたまれてトップまで行き、ダウンスイングで伸びはじめ、インパクトの後には完全に伸びきり、今度は左サイドがたたまれてくるのだ。それがタイガーは出来ない、しない?今のスイング。フェースのローテーションは極力避けるのならこれもありだろうが、ボールシェイプが必要な時には完全に違うスイングを持ってこなくてはならない。最終日、タイガーが勝ち負けに関係なく心の準備が出来てしまえばこのリリースは出来てしまうだろう。したがってサイコロを振るのは間違いなくタイガー。胴元のタイガーが気合が入り過ぎてサイコロを外へ飛ばすなんて事があればそのままルークでしょう。

そこで、、、タイガー死んだ振り作戦、気持ち良いスイングをされたら
タイガー・67
ルーク・68でタイガー。

しかしサイコロを気合入れ過ぎて手にくっ付いちゃってお漏らしなんて事があると、、
タイガー・69
ルーク・68でルーク。

どちらにしてもタイガー次第。

皆さんは?どう見ますか?コメントに自分の意見を入れるようお願いいたします。
最終組・スタート前まで。それ以降の予想、見解、解説は駄目駄目よ。
良いコメントは今後の原稿書きに、採用いたします。では、、、、
by takekoyama | 2006-08-20 21:27 | ・・色々・・