人気ブログランキング |

takekoyama official blog

・雪、節分、恵方巻、ドバイ=タイガー祭り。+追伸も、、・

”鬼は外、福は内。”我が家の周りではこの声が響いたな。
そして、眼下に広がる川原にはたくさんの雪だるまだ。
そこに今日の朝日があたってきらきらと光っている。遠くには日本一の富士山。
空気が透き通って、Crispy Air だな。

さて、ドバイ。見ちゃったよ、凄かった。携帯が何処かに行っちゃった。何本か終盤、試合を見ていた友人からメールが入っていたんだね。凄い試合だったな。まぁ~9番ホール、自分の意思以上に左にフックしたセカンドショットを放ったエルスの負けなんだけど、あのショットの予告版が7番のショートだよね。あれも同じスイング、同じレザルトなんだ。自分の思いより少し左に入っている。これは選手、みんなが持っているミスなんだよね。この状況(優勝争い)になった時は基本的にミスは左が多い。パットも強くストロークする距離の長いパットは左へミスをしやすい。それは体が結果(ギョク・Ball)を見たいからなんだな。でもエルスはその7番&9番をバーディーに、その時に勝ったな、って思ったはず、更にしびれも来ていたね。10番が肝。奥まで運んでバーディーと腹を決めていればこの試合は終了だったんだけど、やってくれましたエルス。10番パーが響いて、インタビューにもあった、”11番のショートパットと12番のパットで決定的なミスになった。”ってね。結果最終ホールのトライになるけど、ここで流れをもっているタイガーとエルスの差が出たね。タイガーは余裕の5Wでのアゲンストの中のフェードでも風がおもいのほか飛んでしまったね。あのバンカーからのショット、見たことあるな?っと思ったらトーレパインズ(ビューイックOp)の18番の奥からに似ているじゃん?ジョン・デイリーがぶち込んでいるやつね。話がそれたが、エルスの18番はまったくツキも無いね。240yのアゲンスト。3Wでのセカンドは無常にも突風が吹いて池。終了した。奥に飛んでいればPlayoffだったのにね。残念。

決してスイングは良くないタイガー。やはり今まで彼のスイングを見てきているけど最高だったのは2000年のシーズンのスイングなんじゃーないかな?今はフラットに上げたトップの位置から一度クラブを立てるんだけどその動きが不自然過ぎるよね。彼のアドレス(ポスチャー)ではあのトップのポジションは低過ぎると思わないか?どうだろう。ダウンでトップで寝たシャフトを立てる動きが立ち過ぎてブロックするんだろうね。いっぽうのエルスは変わらないねぇ~、良い感じです。勝ちたい気持ちがタイガーの方が強いって事になるんだろうな。たぶんだよ、タイガーとエルスは両極端でプロ意識が全く違うものなんだと思う。勝つためには何でもするのがタイガー、自分の持っている才能でPlay(ここでPlayを使ったのは楽しんでいるエルスだから)しているがエルスなんだよね。だからこの2人が戦うと試合が映えるんだよ。本当に面白い試合だったな。

って事で、面白い事書きましょうね。この2人、3回プレーオフをやっているんだけど、一回目タイガーが勝って帽子を取らなかったタイガー、2回目引き分け、タイガーが帽子を取ってエルスが取らなかった。3回目はタイガーが勝ってお互いに帽子を取っていた。これ面白いでしょ?この2人がかなり意識しているって事ですな。ちなみにこの3試合?どの試合か?わかりますか。

って事で、、、、では、、、


<<<追伸>>>
今から、明日のゴルフの為に出撃です。
では、、、
おっと・・・日経ゴルフはUpdateされました。では、、、
by takekoyama | 2008-02-04 07:29 | ・・色々・・